転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

出世志向は転職を妨げる?【転職をしなくて済む方法】

      2014/09/01

大手企業であれ中小企業であれ中途採用を行わない会社というのは今の時代においては皆無に等しくなったのではないでしょうか?あれだけ苦しい思いをしてやっと採用通知を受けた今の会社。しかし、現実に仕事をしてみたら自分の理想とはほど遠く毎日、神経をすり減らせストレスを抱え込む毎日。一体、最初に思っていた目標や理想はどこに飛んで行ってしまったのでしょうか?

しかし、そんな状況の中でも同期の中で目立たず出世も遅くコツコツとゆっくりスピードで渡っていた人がある日突然、大抜擢で役員候補に。そんな夢のような事が起きる場所もまた会社であるのです。

では、転職を考えずに済む方法というのはあるのでしょうか。どうやれば今の仕事にもっと熱意と情熱を注ぎ込めるのでしょうか。会社が倒産するといった例外事項を除いて転職をしなくて済む方法はあるのでしょうか。

やはり初期段階での目標設定は大事

今の世代の人たちはどういう目標を持って会社というところに入ってきているのでしょうか。別に目標はない。どこも入れるところがなかったので何となく今の会社に入っただけ。自分の思ったところと違うのならまたすぐに辞めて別のところにいけばいい。そういう考えで入った人もいるでしょう。あるいはしっかりと自分の軸足を揃えて当初の目標通りの会社に採用され意気揚々と入ってくる人もいるでしょう。

それは別にどちらのケースが正しく悪いと判断されるものではありません。社会の入口に入る際のきっかけなんていうのは別にどんなものでも良いのです。入ったところに最後まで骨を埋める覚悟でいてもいいし、どこかいいところがあったらさっさと転職する。どちらでもいいのです。ただ、遅かれ早かれ持って欲しいのはこれから約40年ほどの現役生活のうちで自分は一体どういう働き方をしたいのか?具体的にはどんなポストにつきたいのか?それをなるべく具体化して持っていてほしいという事です。

出世はカッコ悪いことなのか?

最近の新入社員さんたちの口からは将来の夢に対してかなり縮小された感じの発言が目立つようになったと思われます。とりあえず今の会社で定年まで働けたらそれでいいとか、リストラさえされなければそれでいいとか。かつての世相であれば社長を目指すとか重役を目指すなどの威勢のいい発言がポンポン飛び出していたと思います。きっとリーマンショック以降の社会の閉塞感と超就職氷河期の影響がこれだけ萎縮した時代を作ってしまったのでしょう。

更に相次ぐ大企業の不祥事がこれに輪をかけます。「何だ出世して偉くなっても結局大した事ないじゃないか。それなら目立たず小さくなってもいいから極力責任回避して仕事人生を終わらせた方がマシだ」という意見が結構多勢を占めるようになった感じがします。では今の若手の方たちは出世というものを諦めているのでしょうか?

出世を意識する人は完璧な組織型

会社というところは大きかろうが小さかろうがきっちりと組織の体制を整えています。社長というトップを頂点に逆ピラミッド型を形成しています。この形は古くは江戸時代において完成されたものです。将軍を頂点とした見事な組織構造なのです。

結局、この形が会社という利益を生産するところにおいては理想的だったのです。共通の目標を持ち共通のトップを尊敬し一致団結して目標達成に向けて頑張る。この気持ちに従順な人ほど会社という組織への帰属意識が高まり会社は第2の家族のような存在になる。高度経済成長期の日本においてはほとんどの会社がこういう気持ちで固まっていたのではないでしょうか?

そしてその時代の社員さんたちは出世にエネルギーを使っていました。出世するという事はその組織への忠実さと貢献の度合いが大きいとトップから認めてもらえる事です。当然、出世すれば給料もあがるしボーナスも増えるという分かりやすい人事考課も功を奏しました。

そいうい人たちは転職なんてものはまず考えないでしょう。転職する人というのはその会社に馴染めないか協調性が欠けているかなどの色眼鏡的理由で区別された時代です。だからほとんどの社員の人たちは自分がつまはじきものというレッテルを貼られないように日々努力してきました。

現代においても特にその頃の風潮と何ら大きく変わっていないのではないでしょうか?出世する事は会社で働く人たちにとっては自分の存在価値を確認するためのきっかけでもありますし周りからの評価を冷静に分析するためのいい手段なのです。

ですが出世はそう簡単なことではありません。大企業のように一度に数百人規模で採用するところなどなら尚更でしょう。ですが最初に申し上げたようにコツコツ地味にでも着実に前を見据えて仕事に励んでいる人には出世するチャンスが大いに潜んでいるのです。2年や3年で成果を上げていち早く出世し10年後に止まってしまうか10年、20年という歳月をかけた末に手に入れた出世。貴方ならどちらを選びたいでしょうか。

転職を選ぶのもその人の自由なら出世を目指すのもその人の自由です。同じエネルギーを使うなら一体どちらの方が得なのでしょうか?

スポンサーリンク









転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

関連記事はありませんでした