転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

30代前半までの転職が人生を左右する?【転職の最適なタイミングとは】

      2014/09/16

転職におけるベストな時期というのはあるのでしょうか?それはやはり人それぞれ。やっている仕事の環境や家庭の問題、勤めている会社の問題とさまざまでしょう。また止むを得ない倒産やリストラ対象になってしまったなどの理由がつく場合もあります。

それで今回のテーマにつきましては自主的な自己都合による転職ということを想定して書き進めたいと思います。

一般的に言って転職を決意するのならやはり人生においての早めの年齢のうちの方が無難でしょう。新しい会社の仕事や人間関係、対外的な関係などに慣れるには中高年で動くよりも若い時に動いた方がはるかに楽です。人間の脳の能力は加齢と共に衰退していくのは止むを得ない現状です。残念ながら歳を重ねるごとに記憶力は加速度的に後退します。人の名前を覚えたりするだけでも神経を使うでしょう。

なのに全く仕事内容の違う新しい業界に入ってしまったりしたら一から全ての事をやり直していかなければなりません。40代でそれらの事を覚えていくのは結構、骨が折れます。50代になってからでは尚更です。

加えて体力の低下も顕著に現れてきます。10代、20代の頃のような機敏でスピーディな動きが段々出来なくなります。よって店舗などにおける現場での接客業がやりにくくなってきます。いくら本人にやる気があっても残念ながら体がついてきてくれないのです。こういう部分に中高年になった時の転職リスクが潜んでいます。なのでもし中高年で自主的な転職を考えるのならなるべく前職の仕事内容と大差のないところへの転職をお勧めします。

頭の中にはこれまで培ってきた豊富な経験やノウハウが大量にあると思うのですが体が言うことをきいてくれなくなったのでは宝の持ち腐れとなってしまうからです。

30代前半までの転職を勧める理由

さて、何故、30代前半までの転職を勧めるかという事なのですが、一つには給与に関する生涯年収で大きくものを言うからです。通常の転職においては前職の給与より大幅なアップで次の所へ行けるというのはあまりないでしょう。自主都合で転職先を見つけるのですから受け入れる相手側企業も貴方の能力を測りかねています。そういった状況でいきなりその会社の部長クラス並みの初任給を提示する会社はないでしょう。せいぜい大卒5年目程度の額となるのではないでしょうか?

なので転職する時期が重要になってくるのです。もし貴方の年齢がまだ28歳くらいなのであればあえて前職よりも低めの給料でもその条件を飲み込んで新天地に行くことは難しくはないでしょう。まだ抱えているものがあまりない状況だからです。仮に結婚していて家庭を持っていたとしてもまだまだ十分やっていけるでしょう。夫婦二人で共稼ぎとなるかも分かりませんが生活していくのには何とかやっていけると思います。

それが40代後半からの転職となるとそういう訳にはいきません。諸々の出費が若い時よりも多くなるからです。特にお子様がいらっしゃる家庭なら高校生あたりのお子さんになるでしょう。公立校ならなんとかなるでしょうがもし私立の学校などになると生活費の内訳上かなりの支出となります。更に将来の大学進学のための学費や自分たちの老後のための貯金などの計画が狂ってしまう事にもなりかねません。

ただ、引き抜き等で今よりも同等か良くなるのであればその範囲ではありませんが。

あと、何故30代までの転職が有利かというとその会社での退職金計算が見込めることや当然がら貴方の仕事の成果に対する評価が認められた場合の出世などのコースに乗りやすいというメリットがあることです。ここが中高年で動いた時との大きな差となって表れます。

一般的に給与の基本給にあたる部分はほとんどの会社が年功制を導入しています。40歳で新しい会社に入るより30歳で入った方が累積されていく基本給に差がつくことは明らかです。この計算方式により賞与や退職金などの額が決定されます。よって転職を考えるのなら後先考えずに勢いでやるという事は避けておいた方が後々の貴方のためになるという事なのです。

転職というのは仕事を一生やっていく人間にとっての一つの大きな転機です。一生同じ所で働き続ける人もいれば同じところに腰を落ち着けられず転々と職を変えていく人もいます。大方の人は20代においてはあまり転職の事は深く考えずに働きたいものです。転職に労するエネルギーやパワーを仕事の方に使った方がはるかに効果的ですし本人のためにもなります。

20代の時は自分の思うようにはいかない事も多々あると思います。失敗も数知れずやってしまうでしょう。しかしそういう体験が30代になってから生きてくるのです。だから少々乱暴な言い方になりますが20代のうちはやれる限りの挑戦と失敗と挫折を経験して欲しいのです。40代、50代になってからでは新しい事に挑戦する気力は失せてきます。また失敗しないようにするスキルも身についています。無理をして冒険を犯す愚かさを身にしみて経験したからです。

逆に言えばそういった素敵な大人になるために20代のうちに多くの挫折を経験しててきた、という事が言えます。そういうタイプの人間になれるように若いうちに勉強をし苦い経験を積んでみたらいかがでしょうか?転職に活路を見出すのはその後からでも遅くはないと思います。

スポンサーリンク









転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

女性に人気の高い事務職に求められる人材・スキルとは【事務職に採用されるコツ】

日中は室内でまったりとパソコンで仕事をして、お財布をもってランチに。昼下がりには …

転職成功のための自己ピーアールの書き方・方法について

面接においても履歴書に書くときにでも、自己ピーアールというのはどう書いたり発言し …