転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

20代で転職を決意する理由 その1【もっと収入を増やしたいから】

      2014/09/02

転職というものは出来ることならしないで済むようにしたいでしょう。それが多くの人間の本音ではないでしょうか。しかし、意気揚々と入った会社が自分の思ったところと大きく違っていた、という事は往々にしてある事です。以下に20代の若者たちがどうしようもなく転職を決意するに至った理由を列記していきます。

もっと収入を増やしたいから

最も分かりやすい転職理由です。これくらいはもらえるだろうと思って入った会社の初任給、年収、賞与、10年先の年収。ことごとく思っていたラインと差がありすぎた。このままじゃ自分の生活だけでやっと。結婚なんてとても無理。そういう感じではないでしょうか?

ただ、20代のうちは思ったほど給料が増えないという実情は多くの企業の共通点です。公務員の世界はもっと顕著でしょう。

一方、他業界に進んだ友人や仕事先の人からの話がどうしても耳に入ってきます。つまり隣の芝生はとても青く見えるというやつです。お金に関わる部分は確かに自分のモチベーションを大きく影響させます。

しかし、5年先、10年先の本当の正しい評価や収入は誰も教えてくれませんし、実際見えにくい部分です。今の所で辛抱するか思い切って動くか、それはあなた自身が決めなければなりません。動くのなら20代のうちか30代前半までとしておきたいところです。退職金計算など累積されるモノが案外目に入りません。その辺も冷静に分析しておきましょう。

もっと自分に適した仕事があると思ったから

この理由も転職市場では王道を占める理由でしょう。先のお金の部分と含めると自己都合退職の典型的な理由です。要するに働き甲斐とでも言ったらいいのでしょう。自分の個性、適正、能力にどうしても今の仕事がマッチしてないと考えるのは自然の理です。どうせ働くのなら自分に合っていて働いていても時間の経つのが忘れられるくらいの楽しい仕事をやってみたい。これも健全な働き手が思う理由としては至極、当然でしょう。

では、就活をしていた段階でその会社の業務内容、仕事内容をどれくらいの深さまで調べ上げ研究していたかです。現代ではネットという便利なアイテムが揃っていますので情報は溢れるくらいあると安心してかかっていなかったでしょうか?情報というのは昔から言われるように歩いて稼ぐものなのです。机の前から無造作に入ってくる情報はおよそ画一的で一方通行です。いい事や綺麗に見せる情報はいくらでも入ってくるでしょうが見られたくない部分や汚いところなどはほとんど見えてこないでしょう。

では、どうすれば良いのか。それは直接、人から聞くしかありません。もしより良き転職先を真剣に探そうとするのなら今いる自分の身の回りの人たち全てに徹底的に取材をかける事です。場合によっては貴方の直属の上司に聞いても構いません。気まずい思いはあるでしょうが自分の今後の成功を願うのならそれくらいの決心はつくはずです。

意外に自分が嫌っていた上司だったとしても心を開いて尋ねる姿勢を見せれば思いがけぬ情報をもらえるものです。自分の引き出しを広げる意味でも誰に対しても心をオープンにして接していた方が楽ですし得につながります。もしかしたら自分の思いが浅かった事に気付かされ転職を思いとどまる事もできるかもしれませんし。

会社の将来があまり明るくないと思ったから

先の2つの理由から比較するとここからでてくる理由はちょっと他人のせいにしている傾向が出てきているような感じです。20代の方の考え、主観は残念ながらやはりどこか自己中心的で経験の大きさが足りません。会社の将来を真剣に考えても恐らくこれだという決定的理由はなかなかないと思います。「会社の将来が危うく見えるのなら俺たち現役バリバリの社員が何とかしてやろう」という意気込みを仕事に向けた方がよりストレートで余計な邪念に左右されずにいい結果を出せると思います。

しかし、貴方が貴方なりに精一杯の努力と根性をみせ骨が砕けるくらいの頑張りをしたのに会社の上層部の意識が変わらず会社が傾いてしまった、というのなら止むを得ないでしょう。そこまでやりきったのなら一切他者のせいにはしていません。堂々と次のところを探せばよいでしょう。この時の努力というのは必ずや貴方の自信となって跳ね返り面接の場でもあなたを優位に運んでくれるでしょう。

いかがでしょうか。20代の時の考え方というのはまだまだ幼く独りよがりでバランスに欠けているところが多々あります。人が相手の悪いところを見つけるのは3日あればできるがいいところを見つけようと思えばゆうに3年はかかるともいいます。よって貴方が入った会社の判断を下すのには早くても3年はかかるという事なのです。3年以内で全てが分かりきったようにふるまって行動するのはちょっと考えが浅いと言われても仕様がないのではないでしょうか?昔から石の上にも3年という諺もあります。上司の人も貴方の能力を完全に理解しきるのにそれくらいの時間が必要という事です。

20代のうちなら転職は焦らずともいつでも出来ます。今一度、冷静に自分の考えをじっくり見直す時間をつくってみてはいかがでしょうか?

次は「20代で転職を決意する理由 その2【上司との相性が悪かったから】」

 

スポンサーリンク









転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

もし40代でリストラにあったら【40代での転職の方法】

アベノミクスの影響により転職市場の実情は比較的、好調なようです。だからと言ってこ …

20代で転職を決意する理由 その2【上司との相性が悪かったから】

前回の「20代で転職を決意する理由 その1【もっと収入を増やしたいから】」に引き …