転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

中高年者の転職サイトの利用の仕方【年齢制限を気にせずとにかく応募するのが成功へのコツ】

      2015/02/19

中高年者の方のみならず全ての人たちが今やネットの転職サイトを何らかの形で利用されているのではないでしょうか?

一昔前、まだパソコンが普及する以前の時代は紙媒体や新聞紙上の求人広告が圧倒的なシェアの媒体でした。よって求職者たちはそれらの媒体が発売、発行される日まで待たせれていました。ハローワークを利用する手もありますがこれにしても交通費をかけて通っていました。ハローワークの場所が自宅から近ければまだいいのですが結構、遠方まで通っていた方も多くいらっしゃたのではないでしょうか?

そんな状況下の時にパソコンが出現しました。ボタン操作ひとつで誰でも何処にいても必要な情報を素早く確実に入手することができるようになりました。そして自然必然的に転職に関するサイトも増えていき現在では10本の指でも足らないくらいの多くの優良な転職サイトが並んでいます。しかしながら果たして中高年者の方たちはどれくらいこれらのサイトを有効に活用されているでしょうか?また、利用されている方たちはどの程度の存在価値があるのでしょうか?

中高年者の転職に役立つ使い方のヒントを少しばかり紹介したいと思います。

年齢制限をどうみるか

転職サイトに限らず多くの求人広告媒体に載っている条件でこの年齢制限をどう見たらよいのでしょうか?圧倒的に多いのが「35歳くらい迄」という表記。あとは20代までだとか年齢不問だとか。とにかく年齢制限に関する情報を真っ先に見てしまうのは悲しきかな中高年者たちのサガです。
ではこの年齢制限。一体どこまでの範囲で受け入れたらよろしいのでしょう。恐らくこの問題についてのはっきりした回答はないでしょう。というのも企業側にとっても実際そこまで厳密に採用基準を制限しているようには見えないからです。

確かにどこの企業も若い世代は必要です。生産年齢の若年化を図らなければ企業はバランスの取れたコスト配分ができにくくなってしまいます。かといって全て若年層の人たちで会社が回るかというとそうではありません。人を束ねるための経験豊富な人も必要になります。なのであまり企業側の年齢制限に神経質になりすぎなくともいいでしょう。目安的には年齢制限の上限値よりプラス10歳の上積みでも大丈夫だと思います。会社が採りたい人は多種多様です。同じタイプの人ばかり採るわけにもいきません。

中高年の皆様、年齢制限に振り回される事無く積極的に応募しましょう。

とにかく応募する

年齢制限の事を忠実に守っていたら正直、中高年者にとったら応募する企業がなくなってしまう可能性もあります。こういう時は遠慮せずにどんどん応募しましょう。10歳くらいの誤差ならいくらでも修正可能です。企業側もそこまで厳密に考えているわけでもありません。そして希望職種に関しても似通った業種や会社があるのなら片っ端から応募すれば良いのです。中高年者にとったら選んでいるほどの余裕はないはずです。

応募先はまず20社を目標にします。これだけの数を応募できたらばひょっとして思わぬ優良企業から書類選考通過の知らせが舞い込んでくるかもわかりません。宝くじと同じ理屈です。買わないと当たらない。転職も同じです。応募しない事にはヒットしないのです。20社応募し終わったらすぐに次の20社をピックアップしましょう。このようにして1週間から2週間単位で応募を繰り返します。

この努力がやがていい結果を導いてくれるのです。

中高年者にとっての転職は若い世代の人と較べればやはりそれ相当のハンディがあります。それだからこそ物量作戦でいくのです。書類選考さえ通過できれば中高年者にとってはかなり有利になります。中高年者がこれまで培ってきた能力やノウハウは各企業にとっては欲しくてたまらないものなのですから。

なのでなんとしても書類選考を突破できるよう転職サイトを利用しましょう。人気企業の求人には恐らく何千単位の応募があるでしょう。しかし、一般の中小企業なら倍率競争はもっと楽になると思います。転職サイトを利用している人は有に万単位ではないでしょうか?だから、何が何でも書類を通過できるまでは諦めずにどんどん応募して欲しいのです。

選り好みをできる余裕はほとんどないという実情は理解していただけたでしょうか?あと、転職サイトは複数登録しておきましょう。主催しているところによって掲載されている会社に微妙な違いが発生するからです。中には思わぬ掘り出し物のような企業が応募を入れている場合もあります。どこに宝の山が隠れているか分かりません。窓口は常に広く開けておきましょう。

まずはスカウト登録をして企業からのオファーをもらえるようにしておきましょう

働きながら次の転職先を探したいと思っている方は求人サイトの「スカウト機能」を活用することをおすすめします。「スカウト機能」に登録しておけば、あなたに興味を持った企業側からオファーが届きます。登録しておくだけで企業からのオファーを待つことができますのでおすすめです。

>>リクナビNEXTで企業のオファーを待とう

企業の口コミを事前にチェックし、ブラック企業対策をしよう

せっかく転職先が決まったとしてもブラック企業に入ってしまえば、また次の職を探すことになります。事前にブラック企業対策もしておく必要があります。

ブラック企業を見分ける方法の一つとして企業の口コミを見るのが参考になります。口コミというのは多分に投稿者の主観が入るため全てを信じるのは良くありませんが、一つの参考情報としてみておくといいでしょう。本当にひどいブラック企業であれば口コミも信ぴょう性が高くなります。

求人情報や面接や説明会では企業のいいところしか見えませんので、実際に働いている人の口コミは転職先を決めるにあたって貴重な情報となります。企業の口コミはキャリコネ転職サービスで無料で見ることができます。

キャリコネ 口コミ

キャリコネ転職サービスは大手求人サイトではありませんが、転職に関する情報サイトとして多くの人に重宝されています。

口コミ情報の他、面接対策にも使えます。

キャリコネ 面接
上記イメージ図のように実際に面接を受けた人の体験談をみることができます。面接官から受けた印象的な質問、答え方、アドバイスなども無料で見ることができますので情報ツールとして登録しておきましょう。

以上、ブランクがあったとしてもあなたの得意分野を企業にアピールすることで十分に復帰することはできます。まずは出来ることから少しずつ始めていくようにしましょう。

10万件の企業口コミ→キャリコネ転職サービス








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Comment

  1. ホリエヒロキ より:

    はじめまして。教えてください。

    いろいろな転職サイトに登録していますがスカウトメールをいただき応募しますが書類選考で殆ど不採用です。

    最初のスカウト、応募歓迎の段階では年齢は企業側に見えているのでしょうか?

    書類選考で年齢で落とされている可能性が高いと感じてます。

    以上よろしくお願いいたします。

Message

  関連記事

スカウト機能が充実している求人サイト【働きながら転職活動する方法】

★スカウト機能とはWEB上でプロフィールシートを登録しておくことで、企業側からオ …

中高年者の面接での自己PRと逆質問【意地悪な質問への対応】

中高年者の面接では一気に核心を突いてくるパターンもあります。そういう場合はかなり …