転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

中高年転職者が身につけておきたいコミュニケーション能力【中高年者転職成功のコツ】

      2014/08/09

中高年転職者の方にとってコミュニケーション能力は完璧に身につけて入ると錯覚されておられる方が結構いらっしゃいます。それは長年の社会人生活を送ってきたという実績がそう思わせていると思います。今までの会社、組織の中であれば従来使っていたコミュニケーション能力で問題はなかっただろうと思われます。しかし、貴方が転職をするのなら、そして貴方が中高年の域に達している方なら今一度自分のコミュニケーションを整理しておく必要があると思います。

それは何故か?新天地の会社の上司たちは必ずしも貴方より年長者だとは限りません。10歳も20歳も若い人が上司になる可能性もあります。そんな人たちに対して果たして今まで使い慣れてきたコミュニケーションをそのまま使っていていいでしょうか?いくら自分より若いからといって前までの会社でやっていたような態度、振る舞いで仕事をしていたら立ちどころに貴方の評価は急降下するかもしれません。

それでは以下に中高年者にとって気をつけてもらいたい、そして身につけてもらいたいコミュニケーション能力を4つ挙げさせてもらいます。

1.否定語を使わない

長年、社会人生活を続けた方が最も陥りやすいパターンがこれです。無意識のうちに人の悪口や批判を言ってしまっています。言ってる本人も恐らく気づかないのでしょう。今までの職場では当たり前のように使っていても誰も注意しないのでそれが日常化してしまったのです。しかし、新天地でこの話し方をしてしまうと一瞬で貴方の評価は崩れ落ちます。悪口や批判、陰口を言ってしまう事がもう、ネガティブな人間と見なされてしまいます。本来はその逆のポジティブを目指さなければなりません。昭和の時代ならまだしも今や時代も変わって平成の世です。プライバシーに関する法律や個人情報保護法など人権という観点が一昔前とは180度違ってきています。そんな社会情勢の中で昔ながらの世間話で人の陰口や噂話、悪口をポンポン飛ばしてしまったら…。

会議の場や上司とのやり取りの場で、あからさまな反対の立場ばかりとっているのも同様な行為です。何もごきげん取りのように右へ倣え発言ばかりしろと言ってるのではありませんが、基本まずは同調です。上司の立場に逆らっても何の得にもなりません。欲を言えば上司が何を考えていて私たちに何をやってもらいたがってるのか。そこを見つけ出して行動しましょう。そうすれば相手を否定ばかりしている余裕もなくなると思います。

2.身振り、手振りが自然

オーバーアクションと言われてもいいと思います。相手の意見を一心に集中して聞いている証拠です。だから、自分が意見を言う段階になったら自然とアクションも大きくなるのです。この手法は相手の意見を肯定している証です。そして相手の意見に賛同しつつ自分の意見を効果的に訴える最適の手法であると思われます。自然になめらかに話に入っている人なのですからまずは合格です。面接の場でこのような振る舞いが自然にできるのなら貴方のコミュニケーション能力はかなり上のレベルであると思われるでしょう。

3.相手によって態度を変えない

中高年者の立場になるとついついやってしまうのが相手によって話し方や態度が変わってしまう人がいたりする事です。これは以前勤めていた会社でより高い地位に就いていた人ほど顕著かも知れません。前の会社での立場が部長や課長だったりするとどうしてもつい以前の時の感覚でモノを言ってしまったり態度に出てしまったりします。別に本人に悪気はないのですが。しかし、新しい会社でこれをやってしまうと立ちどころに貴方の評判に傷がついてしまいます。

「あの人は社長や重役の前ではペコペコしているが年齢が下のものに対して上から目線になっていたり、態度も横柄だな」というようにすぐに観察・分析されてしまいます。そして一度ついたその人のイメージやレッテルはそう簡単には変わりません。ですからひとたびこのような風評を立てられてしまうとあっという間に新しい会社での貴方の居場所がなくなっていきます。相手が年上であれ後輩であれ目下のものであれ、態度や話し方は統一させておきましょう。そうするためには日頃から誰に対しても分け隔てのない振る舞いができるよう練習しておく必要があるでしょう。

4.話が合わない相手でも雑談をしながら興味を持つポイントを探り出す

組織の中の人間全てと馬が合えば良いのですが人間誰でも好き嫌いというものを持っています。まあ、これはある意味どうしようもない事なのでしょう。それぞれの人の考え方やポリシーは100通りや1000通りではききません。だから話の合わない人が社内に一人、二人といたとしてもそれは至極常識の範囲内なのです。

ただし、多くの人は中高年者の人は何故か話をうまくまとめたりこじれた場の雰囲気を和やかにできる人だ、と思ってらっしゃる節があります。とんでもないことです。中高年者でも話ベタな人はたくさんいますし、ましてや会議の場において司会進行などを任されたりしても満足にできる人の方が少ないです。だから、どんな人に対しても話の腰をおらず、場が固まってしまった時は抜群の愛の手をいれて話題を変えたりできる人は重宝がられます。それだけこれまでの人生経験の中で己の実力を磨いてきた証と思われ是非とも欲しいと思ってもらえるかもしれません。

いかがだったでしょうか?コミュニケーション能力は自分が意識して勉強し改善していかないと中々、上達しません。どうぞ、皆さんもこのスキルを身に付けワンランク上の人物と見なされるよう頑張っていきましょう。

 

スポンサーリンク









転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

転職者向け合同企業説明会の利用の仕方【中高年者は利用すべきか】

合同企業説明会は今や定期的に様々な運営元が趣向を変えながら開催されています。中高 …

中高年者におすすめの転職先【タクシー業界の実態・給与体系等について】

「中高年が通用する業界 その1【警備業界とタクシー業界の実態について】」からの続 …