転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

就職活動で不快に感じたところ【新卒の就職活動での注意点】

      2014/08/11

転職を考えてらっしゃる方と初めての就職活動を迎える方とではやはり活動中に感じてしまう様々な事象に対しての感じとり方に差があるでしょう。転職者はすでに何年かの社会人経験があるわけなのである程度の不公平や不条理に対しては少なからずの免疫力が備わっているでしょう。しかし、初めて就職活動を行う学生さん達にとってはやること見ることが正に初体験ばかり。恐らくほとんど企業側の言いなり状態になっていることでしょう。

しかし、決してそれが悪いことだとは思わないで下さい。まだ、学生さんたちは世間の垢に染まっていない純真無垢が一つの売りでもあるわけですから。それでは就職活動を行う学生たちが実感した不快な思いとはどのようなものがあったのでしょうか。

不当な選考と感じたケース

学生が書類選考時やネットでのエントリー時に不公平感を感じるものが「学歴」「容姿」「コネ」の3つのようです。このうち「容姿」と「コネ」についてはかなり抽象的な原因となりますので特定した対策があるわけではありません。企業側の職務内容や採りたがっている部署の関係でやむを得ずやっているかもしれないと大人の対応で見る必要があるでしょう。

ただ、「容姿」や「コネ」で入社した人たちにはそれに相応しい試練が待っているという事を頭に入れておきましょう。彼女、彼らはある意味、他の人がもっていなかった特殊能力を所有していたという事。そしてその特殊能力は入社した時点から発揮されないと企業にとっては何のメリットもないという事です。

ということはかなりなプレッシャーが日々、本人を襲ってくるという事。ストレスも半端ではないと思われます。どうでしょう?入社時は余計なプレッシャーはなるべく減らしておきたいと思いませんか?

最後の「学歴」についてですがこれは致し方ないところが多く見られます。人気企業に対してはネットのエントリーに恐らく万単位の応募があることでしょう。企業側の人事選考担当者の人数はいいところ3~4名です。その人数でこれだけの膨大な応募者の内容をじっくりと読んでいる余裕があるでしょうか?企業というところは効率とスピードが最優先です。例え人事担当部が少人数であったとしても例外ではありません。期日を決めてそれまでに答えを出さなければなりません。よって学歴によるふるい落としを行うというわけです。

恐らくこの状況は向こう何百年も続いていくでしょう。この仕組みに不公平だとか人権無視だとかと言いたいのならその前に教育と学力というものを真剣に考えなければならなくなります。学力差が何故、生まれるのか?それは本人の努力の結果だからです。小さいうちから準備をしてきた人の競争力の意識を尊重すべきではないでしょうか。

就職活動で不快な思いをした経験

では実際の就活中に感じた不快な思いとはどのようなものでしょうか?最も多い意見として上がるのはやはり「採用担当者の態度」のようです。採用担当者も一人の人間です。個性や人格に大きな隔たりがあります。同時に就活を行っている学生も人間。人格・個性・性格は多種・多様です。だからといって企業側が大揚な態度で相手に不快感を与えるような対応で学生と接していいというものではないでしょう。学生側にとってはその担当者が企業の窓口になっているわけです。その担当者を通してその企業の中身や雰囲気をイメージします。

よって初対面でのやり取りの中でそのように不快感を感じさせてくる会社に対してはこちらの方も警戒感を持っていいでしょう。景気感が変わってきた昨近においては人余り現象から一転、人不足現象が起こりつつあります。もし企業側が冬の時代のイメージそのままな対応をしてくるとしたらそこはかなりブラックなイメージを連想させる会社かもしれません。学生側もあらゆる情報を駆使して企業研究を行い自分の目で見た実感で相応しい企業を選びましょう。

あと、関連する不快な思いとして不採用時の連絡が一切来ないだとかほったらかし。エントリーを促すような情報サイトを作り煽ってくるという事があります。ネットでの活動は手軽で便利な反面、そのお返しが分かりにくいところがあります。入口は入りやすいが出口が煩雑。人と人とが結びつくはずの採用活動。従来なら手紙という手段で一人一人に対してくまなく対応されていたはずの日本のマナー。こういった部分が崩れてきているのは感じます。事実は事実として受け止めどう判断し対処するか。学生側の機転と行動力が試されていると解釈してもいいと思います。

以上、最近の動向をさらっと触れてみましたが何度も言うように企業側の担当者も人間だという事なのです。入社希望会社の人間だからといって特別優秀な人間ではないという事です。その人間を通してその会社の全体像を判断するか一部の事象として客観的に捉えるか、決めるのは貴方自身です。情報を偏ることなく幅広く仕入れ、客観的な分析を行いましょう。主観だけで判断するのはリスクが大きくなると考えてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク









転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

OB訪問とインターンシップのマナー【新卒者が就職を成功させるために】

2014年、最近の状況において学生たちの就職状況もだいぶ明るい兆しが見えるように …

20歳の時に人生を捧げる会社を見つけられるか?良い会社に就職するための準備

20歳といえば大学の3年生という時期でしょう。当然、目の前に「就活」というものが …