転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

エン・ジャパン転職成功体験談 30代女性 営業職

      2014/10/10

求人サイトエン・ジャパンにて転職を成功させた体験談
(30代女性 営業職)

転職に至るまでの経緯

私が初めて転職を考えたのは30歳になる手前でした。最初に就職した職場では主に個人を対象とした営業職で、毎月のノルマはあったものの個人のお客様との長期的なお付き合いにいろいろと勉強させられる日々でしたが、仕事の内容は元々大学時代に専門で学んできたことでしたので、つらい思いもありましたが何とか楽しくやっていました。

年々実績も重ね、だんだんと周りからも認められるようになり、3年目にはジュニアマネージャーに昇格。自分のノルマだけでなく、部署内全体の営業の数字を稼ぐトップ営業マンとして活躍し、その実績が認められて5年目にはマネージャーに昇進しました。マネージャーの業務は部署全体の数字の管理はもちろん、部下の育成、目標達成も求められ、責任はジュニアマネージャー時代とは全くくらべものにならないほどになりました。

新米マネージャーとして徐々に結果を残していく中、ふと私はこのままでいいのかな?と思うようになりました。そのころちょうど会社に対しての不満や、もっとこうしたらいいのに、など思うことも多くなり、マネージャー職の責務と重なって半分勢いでやめてしまいました。表向きは、今までの経験と実績で違う業界でもチャレンジしてみたいということで退職しました。そんな前向きな思いもあったのですが、半分は前の会社に嫌気がさしてきていたことが大きかった気がします。早くやめたくてやめたくて仕方なかった私は急いで転職先を探すことになりました。

そして、お声がかかった某大手外資系販売職の副店長として入社することになりました。そこに決めるまでの期間は約1か月。そこしか面接はしませんでした。副店長というキャリア採用をしてくれたことと、今までとは全く違う業界でしたので、チャレンジするにはちょうど良かったと思ってしまったのです

ですが、入社して2か月。営業では自分自身で相手の気持ちをくみ取り、説得して契約してもらうというように、自分自身の力が8割、ブランド力が2割に対して、販売職は副店長といえどもブランド力が8割、人の力はたった2割というような感じにつまらなく感じてしまい、また会社の社風にもなじめなくここで成長できるか?と考えたときに「ここでは私の性格上難しいな」「やっぱり営業職がやりたいな」と入社早々に転職を決意しました。

求人サイトを利用した転職活動

前回まったく他の会社を見ずに1社で決めてしまったことを反省し、今回は転職サイトで徹底的にリサーチしました。

情報量や質の良かったエン・ジャパンさんで登録し、毎週火曜日と金曜日に更新される情報をこまめにチェックし、業界問わず営業職の募集のありとあらゆる会社をしっかり見ました。働くイメージがつかないときはHPや口コミなどを参考にし、また気になった企業には応募してまず面接に行ってみるというところから始めました。

採用担当者に会うと会社の雰囲気もよくわかりますし、お互いにどういう人を求めているか、またどういう仕事内容か、どういう風に自分が成長できるか、と面と向き合って見れます。私は何社に応募したかわからないくらい応募しました。

求人サイトのメリット

エン・ジャパンのいいところは、ウェブ履歴書を登録しておけば、まずウェブ上から応募する際にはいちいち履歴書を書かなくてよいことです。そこから本格的に面接に進む場合は、ちゃんとした履歴書を用意すればよいのです。

また、自分のスキルや実績を入力しておくと、会社側からスカウトもしてくれますし、人材会社経由での紹介もあります。応募の合否はエン・ジャパンが間に入ってくれるので、いろいろと相談できたり、会社には直接聞けないこともうまく聞いてくれました。

企業の担当がそれぞれいましたので、その方とメールや電話でいろいろアドバイスをもらいながら、ついに現在の会社へ無事就職。不動産業ですが、いままでにないくらいしっかりと休みをとれ、定時に帰れ、そして頑張った分はインセンティブとして返ってくるという、理想の形です。職場の皆さんも、女性ばかりの割には嫌味もなく、和気あいあいと楽しく過ごしています。

エン・ジャパン転職成功体験談 まとめ

私は転職サイトでこうして成功しましたが、ポイントはこんな感じだと思います。まず、気になる職種で制限なく、かつ細かく求人情報をチェックします。そしてよく内容を読んだうえで、少しでも興味を持った企業には応募します。面接のお誘いがあったら必ず伺います。それを繰り返していくうちに、自分がやりたいこと、向いている職業が分かってきます。

そして、そのサイト運営側には必ず1求人につき担当者がいるので、その人とこまめにメールや電話でやり取りをして、その会社の情報をできるだけ集めます。そうしているうちに必ず自分に縁のあるところとは結びついてきます。

相手からスカウトや、面接に来てほしい、と思われるために、履歴書や職務経歴書は必ず他人に見てもらい、修正をかけます。エン・ジャパンにはスカウトや面接の事前準備や情報を提供してくれるサービスもあるので、それをフル活用することが大事です。そして何よりも、1社だけでなく何社も必ず検討すること。

サイトは情報の量が半端ないので、フル活用して是非転職を成功させてほしいです。

 

スポンサーリンク









転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

関連記事はありませんでした