ハローワークと求人サイトどちらで転職活動をすべきか【メリット・デメリットを比較】

企業の求人情報を調べる方法としてハローワークの検索機を使う方法と民間の求人サイトに登録し、検索やオファーを受ける方法があります。それぞれ特勅があり、メリット・デメリットがあり、どちらを主軸に転職活動をすべきか悩んでる方も多いかと思います。

そこで、それぞれの特徴やメリット・デメリットをまとめましたので参考にしてください。

ハローワークの特徴

ハローワークの最大の特徴は企業側はハローワークの求人に掲載するのにお金がかからないという点です。お金がかからないどころか助成金をもらえたりもします。それゆえ、助成金目当てで掲載する企業も多く、また無料であるということから中小企業や零細企業も多く登録しているのが特徴です。多くの求人情報がみれるのに対してちょっと怪しげな企業や助成金目当てでほとんど採用する気がない企業も交じっている可能性があります。また、地域密着型のため地域によっては大手求人がすくない場合もあります。

また、ハローワーク側は転職を制約させたからといって成功報酬をもらえるわけではないので基本的には平等に自発的な転職活動を促進するにとどまります。それゆえ求人サイトと比較するとスピードに欠けるという面もあります。

ハローワークは離職表を提出してからですので働きながらの転職活動は基本的にはできません。

ハローワークのメリット

  • 中小・零細企業も登録しおり、多くの企業の求人情報を得ることができる
  • どの企業も平等に取り扱われ転職の押し売りはない
  • 地域密着型の転職活動に適している

ハローワークのデメリット

  • 企業側は無料のため零細企業が多い
  • 地域密着型のため全国視野での転職活動には適していない
  • 働きながらの転職活動はできない
  • 成果報酬がないためスピーディーな転職活動には適さない
  • 高い広告費を払って求人をしている企業はハローワークを使っていないことが多い

求人サイトの特徴

求人サイトはいい人材を探している企業が求人サイトに高い広告費用を支払い求人を促進します。採用が決まった場合は年収の3分の1~2程度の成果報酬が入るような契約になっています。そのため、求人サイト側もできるだけ早く、多くの採用を得ようと必死に転職活動をサポートしてくれます。それゆえ転職の押し売りになる求人サイトもあり、注意も必要です。高い費用をかけて採用活動を行っているのでお金のない零細企業は募集していません、その分、採用のハードルは上がっている可能性があります。

また、求人サイトは外資系、医療系等、財務経理系等、特定の業種に特化した求人を行っているところもあり、目的に適した求人情報を得るのに適しています。在職中でも登録可能であり、働きながら転職活動することに適しています。

求人サイトのメリット

  • 全国視野の転職活動ができる
  • 働きながらの転職活動ができる
  • 成果報酬のため転職活動を促され、サポートされ、スピーディーな転職活動ができる
  • 目的に特化した求人情報を得ることができる
  • 企業側は広告費用がかかるため本気の採用活動をしており零細企業は参加していない

求人サイトのデメリット

  • 企業側が高い掲載費用がかかるため中小・零細企業の求人がない
  • 成果報酬のため経歴のいい人には手厚い対応だが悪い人には手厚くはない
  • 企業側も高い広告費用を払っているため採用のハードルが比較的高い
  • 成果報酬型のため転職の押し売りをされる可能性がある

ハローワークと求人サイト比較 まとめ

以上、求人サイトとハローワークの違いを検証しました。

どちらが良いかご自身の状況によって異なりますが、多くの場合は求人サイトを利用して転職する人が多いようです。特に働きながら転職をしたい人は求人サイトが便利です。また、登録することで企業の口コミがみれるサイトもあり、生の情報を集めるのにも適しています。

求人サイトの定番はリクナビNEXTです。転職者の8割が登録している大規模サイトなのでハローワークをメインに考えている人でもここだけは登録しておくといいでしょう。

登録は以下より
>>転職成功者の8割がリクナビNEXT

コメント

タイトルとURLをコピーしました