転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

中高年者の面接での自己PRと逆質問【意地悪な質問への対応】

      2015/02/19

中高年者の面接では一気に核心を突いてくるパターンもあります。そういう場合はかなり貴方の事を高く評価しており、果たして経営陣に入ってこれる器なのか、役員クラスとうまく折り合って仕事ができるのか、などを見られます。

こういう状況になると面接側もこれまでのパターンを覆しかなりきつめの質問や投げかけを行ってくる事もあります。

なのであなた自身も咄嗟の事とはいえ狼狽して自分のペースを乱さないようにする訓練も積んでおいた方がよいでしょう。以下に自己PRの仕方で気をつけて欲しいことと企業側の意地悪な逆質問が来た時の事を想定した乗り切り方を紹介します。

自己PRの仕方

通常の面接通りにまずは無難な形で切り出しましょう。この場合で気をつける事は面接先の企業が貴方のどんな能力を欲しているかという1点のみです。特に経験を積んだベテランの人に求められる能力はマネジメント能力です。どんな企業も中高年の人に若手と同じ能力を求めていません。求めているのはいかにして人を動かし利益をあげるか。この1点のみを集中して聞きたいのです。

ですから貴方もこの点を特に意識してPRしましょう。これまでどれくらいの人数の部下を持ったのか。その時の成果はどうだったか。その部下の中から何人の幹部候補生を作り出せたのか。こういった事を簡潔に要点を整理して伝えましょう。

また、人を動かすに当たっての失敗話やその失敗をどうやって成功に導いていけたかの部分も織り込んで話しましょう。一連のストーリーになっていれば面接官側も納得して聞いてもらえるはずです。逆に誇張しすぎて話がうまくなりすぎると聞いている方も疑ってかかって来るかもしれません。事実を正しく伝えるようにしましょう。

志望理由について

くれぐれも今までの会社での頑張りを否定されてしまうような誤解される理由は言わないことです。前の会社ではいくら頑張っても給料が上がらなかったとか、自分の頑張りが報われないからとかの理由は自分自身を否定し勤めていた会社の事まで否定しているように聞こえてしまいます。転職は円満退職が大前提です。前の会社の悪口っぽい事を言う人のことを果たして面接官はどう思うでしょうか?

前職の会社の事は極力「お世話になった」「成長させてもらった」という感じで話しておくべきです。愚痴や文句をよく言う人なのだな、と思わせないようにしておくことです。

意地悪な質問への対応

さて、これが最も乗り切りにくいパターンです。和やかな面接に終始していれば良いのですが会社によってはその人の「人と成り」を見るためにかなりキツめの質問を投げてくる事もあります。「貴方は結局、前の会社を逃げてきたんだろ?」とか「うちでは通用しないんじゃないか?」とかの目の前が真っ暗になりそうな内容です。実際、こんな質問をぶつけられたら頭がパニックになってしまい答えが出てこなくなるなんていう可能性もあります。

しかし、慌てないでください。面接官側の狙いはこういった状況になった時に貴方がどういう対応をするか、そこをじっくり見られているのです。つまりこれはその会社の幹部クラスになったらという前提の元で面接を行っているのです。

はっきり言ってこの程度の質問で慌てふためいて自分を見失っているようでは果たして幹部としてやっていけるのかな?と思われてしまうでしょう。いい身分で入社できるチャンスを自ら放棄したようなものです。逆にこういう内容の質問が出るという事はもの凄く期待されているな、と自分を奮い立たせ冷静沈着に対応しましょう。

あと、こういうケースになった時、決してキレてはいけません。せっかく試されるチャンスをもらってるのに勝手に腹を立ててしまっては面接もそこまでです。

この手の質問がきた時は躍起になって否定するのではなく、逆に一度、肯定しておいてその後でまだまだ成長途上の自分なので御社に入った暁は先輩たちの仕事っぷりをよく研究し、自分も認めてもらえるようにいいところを盗み成長できるように指導して下さいと、相手の先輩たちを立てる発言を言えるくらいの心の余裕を持っておきたいものです。

中高年者の面接の場合、あまり余計なやりとりはしないでしょう。貴方が新しい会社で何をやろうとしているのか、どうやって利益をあげるのか、その辺の決意表明がしっかりと聞けたならもうそれで十分OKです。あとは採用通知を待って一刻も早く会社の戦力として相応しい活躍をするだけです。貴方の活躍を心から待っています。

また「中高年者の面接での注意点」の記事も参考にしてください。

中高年者の転職を成功させるにはスカウト登録がおすすめです

転職活動を始めるにあたり、まず求人サイトのスカウト登録を済ましておきましょう。

スカウト機能とは自己のプロフィール、経歴を求人サイトのWEB履歴書に登録しておくことで、あなたに興味を持った企業側からオファーを待つことができます。中高年者の方はやはり年齢制限というハードルがあるため転職は難しくなっていますが、今まで働いてきて積み重ねてきた経験、技術が中高年者の方にはあるはずです。スカウト機能を活用し、あなたの差別化された能力や経験を履歴書に登録しておくことで、まさにあなたのような経験を持った人材が欲しいと思っている企業に目がとまれば、企業側からオファーを得ることができますし、転職成功率が高まります。

また、スカウト登録しておくだけで転職活動を始めることができますので、在職中で時間のない方に特におすすめです。スカウト機能が充実している求人サイトリクナビNEXTです。

登録は以下よりどうぞ
リクナビNEXT

使ってみた感想:最初は適当にスカウト登録してしまったせいか、スカウトメールがほとんど届かなかったのですが、ちゃんと文章も整えて、内容も充実させて履歴書を修正したところ、毎週スカウトメールが届くようになりました。日中は働き、ちょっとした合間に新着求人情報とスカウトメールをチェックして興味がある求人にコンタクトを取るようにしています。スマホで簡単に確認ができ、非常に便利です。








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

深刻な人手不足は転職活動中の中高年者の採用率に有利に働くのか【中高年ブラック系企業の注意点】

景気が回復基調に乗り一頃の転職閉塞感が過ぎ去り雇用の促進がここのところ絶頂期を迎 …

中高年者の転職のコツ2【面接に備えて】

前回の「中高年者の転職のコツ【できるだけ多くの企業に応募していこう】」に引き続き …