転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

求人票の見方のポイント2【給与の注目すべき点】

      2015/04/03

前回「求人票の見方のポイント1【給与や仕事内容よりも注目すべき点とは】」に続き、求人票の見方、着目すべき点について解説します。

今回は給与について解説します。


スポンサーリンク

求人票の給与の幅について

給与額には大抵の場合数万円の幅があります。例えば180,000円~230,000円といった具合です。この意味は「経験度合いによって給与額を考慮しますよ」ということで、求人にある仕事に自信があれば十分交渉出来る余地があるということでもあります。

その代り未経験から始める場合には一番低い水準になると考えておいた方が無難です。「前職ではこれくらいもらっていたので最低でも同じ水準は欲しい」と思うところですが、残念ながらそれを考慮してくれる事業所は少ないのが現実です。

求人票で見過ごされがちな給与形態項目

給与の点で言えばほとんど見過ごされがちなのが給与形態です。これには月給、日給、日給月給、時給、年俸制とありますが、この中でよく分かりにくいと言われるのが日給月給です。月給とは1ヶ月の給料が確定しているもので、一月に何日勤務し何日休んでも同じ金額の給料が確定しています。

一方で日給とは1日当たりの給料が確定しているもので、一月の勤務日数によって月の給料が変動します。こうした特徴の両面を持ち合わせているのが日給月給で、基本的には月給と同じで一月の給料が確定しているのですが欠勤日があればその分を差し引きます。健康に休まず勤務していれば問題ありませんが、病気やケガをした場合に給料が下がるので注意しておくことが大切です。

給与支払日もチェック

もう一つ給与の点で言えば給与支払日にも注意しておく方がいいでしょう。

例えば給与締日が月末で支払日が翌月末となっていれば、今月働いた分の給与が来月末まで入らないということになります。仮に失業手当をもらっていて4月1日に入社が決定すれば、4月5日前後に最後の失業手当が入金されますが、その後は5月末の給料日まで2カ月近く入金が無い状態になってしまいます。

採用が決まって働き始めた後から気付いて慌てるケースも少なくないので要注意とも言えます。またローンなどの支払いがある場合にも給与支払日は確認しておかないと引き落としが出来ないという事態にもなりかねません。見落としがちな点ですがしっかり確認しておきましょう。

次は「求人票の見方のポイント3【賞与欄が空白でも賞与が出ないという意味ではない】」

ハローワークより求人サイトを使うメリット

ハローワークでしか転職活動をしていないのであれば、求人サイトも利用することをおすすめします。

求人サイトのメリットは以下の通りです。

1.全国視野の転職活動ができる
2.働きながらの転職活動ができる
3.成果報酬のため転職活動を促され、サポートされ、スピーディーな転職活動ができる
4.目的に特化した求人情報を得ることができる
5.企業側は広告費用がかかるため本気の採用活動をしており零細企業は参加していない

ハローワークと求人サイトどちらで転職活動をすべきかの記事でも紹介していますが、求人サイトとハローワークの掲載企業の大きな違いは採用活動を行っている企業はハローワークは無料で求人応募ができ、しかも補助金がもらえるのに対して、求人サイトに募集をかけるには多大な広告費用がかかるという点です。

ハローワークに掲載している企業は中小、零細企業が多く、中には補助金目当てで掲載している企業もあります。ハローワークには本気で採用活動を行っていない企業も含まれるため、採用のハードルが高い可能性があり、また、無料で人員募集をかけることができるため、従業員を使い捨てにするブラック企業が含まれる可能性も比較的高くなります。

一方、求人サイトで募集をかけている企業は本当に人材が必要であり、また、広告費用も出せる大手優良企業が多くなります。もちろん、ハローワークにも優良な企業の募集はありますが、求人サイトとは掲載企業の層が異なりますので、両方使って転職活動をすることがお勧めです。

ハローワークと並行して求人サイトも利用するのであれば、まずは大手求人サイトのリクナビNEXTはおさえておいたほうがいいでしょう。スカウト機能が充実しており、自己のWEB履歴書を登録しておくだけで、企業側からのオファーを待つことができますので、スカウト登録だけでもしておくといいでしょう。

登録は以下よりどうぞ。
>>スカウト登録ならリクナビNEXT








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

求人票の見方のポイント3【賞与欄が空白でも賞与が出ないという意味ではない】

前回「求人票の見方のポイントその2 給与の注目すべき点」に引き続き求人票の見方に …

求人票の見方のポイント1【給与や仕事内容よりも注目すべき点とは】

ハローワークで求人票を見る時に、大抵の人は仕事内容と給与額を中心に確認します。し …