転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

初めて就職した会社が想像していたものと違っていたら 前編

      2014/08/09

やっと狭き門をくぐり抜け内定を掴み、意気揚々と新社会人となり会社へ初出勤した貴方。しかし、そこに待ち受けていたのは希望とは裏腹の現実が待ち受けていた。こんな場合、貴方ならどうしますか?

決して他人事ではないテーマです。厳しい就活をやっとの思い出乗り切りもらった採用。この世の春がやっと来たと誰もが思うでしょう。春からはいよいよ新社会人。初めて足を踏み入れる会社という世界。胸が高鳴り希望に前途洋々のはず。ところが入社して半年もたたないうちに味わうあまりにも憧れていた世界と現実とのギャップ。こんなはずじゃなかった。

実際、入ってみないと分からないのが会社という組織の中。面接の時に聞いた内容とあまりにもかけ離れた現実。しかし、嘆いてばかりもいられない。ここまで苦労を重ねてやっと掴んだ採用通知。そう簡単に諦めるわけにはいかないはずです。

特に初めて入った会社というのはやはり貴方が最善の方法を取って採用されたところ。後々、転職をした人たちにとってもやはり一番 最初に入った会社が何だかんだで最も良かった、と思っている人も結構います。では、入ってから襲ってくる現実とのギャップ。どういう風にして乗り切りましょう?

1.給料がほとんど上がらない

ギャップの中でもこれほど切実でショッキングな事はないでしょう。自分のもらう給料というのは自分自身の証明のようなもの。これがいくら頑張っても上がらないのではモチベーションが上がらなくなるのも当然です。

では、どうすればいいでしょう。面接の時などはなかなか、給料の事をストレートに聞きにくいのも事実。この問題は思い切ってまず直属上司に素直に聞いてみましょう。身近な先輩社員などに聞くと間違った情報を聞かされる事もあるので。

それで本当に全く昇給の目がないのならその時に改めてじっくり考えましょう。何なら転職してもいいと思います。

ただ、できたら入社してから最低1年はそこで我慢して欲しいです。仮に転職するとしても半年程度で辞めたりすると事情を考慮されてもやはり少々、印象が悪くなります。その会社が本当に頑張って成果を上げても昇給しないのか。昇給はなくとも賞与という形で反映されるのか。いろいろな角度から総合的に判断しましょう。

若いうちの転職は比較的、容易にできますが、だからこそ一つのところで粘る根気も後々、必要になってきます。

2.ボーナスが出ない

これもショッキングです。面接では出ると言っていたのに実際は出なかった。詐欺のような匂いのする現象です。ただ、この場合も慌てずにまず上司に相談してみましょう。通常、会社というところは期初の予算通りの実績を出せて初めてボーナスが支給されます。つまり会社が黒字だからこそ出るのです。業績が悪化したり赤字続きになれば経営者としても出してあげるだけの原資がありません。ますはそこのところを正しく理解しましょう。

それからは自分に何ができるかです。社員、一人一人が生産性を発揮して業績を盛り返していけば時期がくればまた支給されるでしょう。その見込みがあるのかどうか。そこのところをじっくり自分なりに考えて答えを出しましょう。仮に頑張っても運悪くボーナスが出なかったとしてもそういう意識で仕事をすることはきっと貴方の役に立つ実績となるはずです。辞めるのなんて別にいつでも出来るんですから。給料をもらっていい経験を積めてるという気持ちになれたら貴方は何処へ行っても成功します。

3.社員が疲れた顔をしている

こういうケースも中に入ってみないと分かりません。一体、社員の全てが何故、一日中、疲れた顔をしているのか。覇気がなくイキイキとできない職場に未来はありません。会社の実績は社員一人一人の働きによって出るのですから。

ただ、こういう場合も独り合点してはいけません。何故、そうなっているのか信頼できる人に聞いてみましょう。もしかしたら給料はよそよりも遥かに多くもらってるかもしれません。何か違うところに原因があるかもしれません。その替り長時間労働、休日も出勤という労務的内容かもしれません。

その際は会社の離職率を調べてみたり社員の入れ替わりの頻度を冷静に見詰めてみる必要があるかもしれません。但し、だからと言って一気に貴方も転職しなさいとは薦めれません。会社の主要な人がもし、大量に辞めたとしたら残った人物に日が当たる可能性があります。役職が付いたり労働条件が見直されたりする可能性があります。焦って結果をしくじることのないようにしたいですね。

会社というところはその時その時の情勢や流れによって右に行ったり左に流れたりするものです。なかなか、真ん中の王道を歩き続けるというのは難しいものです。

貴方が苦労して内定を勝ち取った最初の会社については色々な思い入れがあるはずです。急いだ結果を出すのは本当にいつでも出来ます。その前に今、自分ができる事は何か、何をすれば貢献できるのか、それを考えて実行してみる方が今後の事を考えてもよっぽど重要です。転職するのはいつでもできるのですから。

続きは「初めて就職した会社が憧れと違っていたら 後編」

 

スポンサーリンク









転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

初めて就職した会社が想像していたものと違っていたら 後編

前回「初めて就職した会社が想像していたものと違っていたら 前編」に続きまして憧れ …