転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

中高年者が転職を成功させるために意識しておくべき事項とは

      2015/06/26

転職市場はようやく活性化の様子です。新聞広告やネットの求人サイトにも連日数多く掲載されるようになっています。ひところの超氷河期をようやく脱出できたようです。では、中高年層の人達にとって事態は好転しているのでしょうか。何もせずに希望したところにすんなり入れるのでしょうか。

答えは恐らくノーでしょう。

世の中の景気が好転したからといって我々、中高年を取り巻く環境が好転するとは思えません。多少は一時よりもましになるかもしれません。働き口も増えるでしょう。しかし、それが自分の希望した仕事かどうかは分かりません。自分が希望した所にはいる為にはやはりそれ相応の準備と工夫と努力がいります。何もせずにじっと待っているだけで果報はやってこないのです。

今の職場に対する不満を書き出してみよう

まず、自分が今の仕事や会社に対して持っている不満を考えましょう。箇条書きでも何でもいいのでノートやメモ用紙に書いてみましょう。給料の問題でも上司との問題でも得意先との問題でも業界の問題でも。とにかく何でもいいので書きまくりましょう。ここで書き続けているうちにある事が分かってきます。

それはその不満の内容がヒト、モノ、カネの3つに大別できるということを。ヒト、モノ、カネ。どこかで聞いたことのあるフレーズですね。そうです。企業が経営して行く上で欠くことのできない3つの経営資源ですよね。例えば、貴方が勤めている会社の商品が法を侵している商品だったとしたら。詐欺まがいの売り方で顧客を集めている会社だったとしたら。しかし、世の中にはそういう状況が分かっていてもその道で生き抜く人もいます。ですから何が理由でそこを転職しようかとするかは十人十色ですが。

転職を思い悩む原因はヒト、モノ、カネのどれかに当たるのか

話しを戻して人が転職をしようとして思い悩む原因は大抵がヒト、モノ、カネのどれかに当たる問題でしょう。

では、自分が書き出した問題を整理していき自分がどの分野の問題で悩んでいるのかじっくり考えましょう。案外、冷静になって客観的に見直してみたら違う答えが返ってきます。その中で自分の努力次第で今は無理でも2~3年先に解決できそうな問題であるのなら別に今焦って動く必要はないと思います。

しかし、いくら我慢しても打開される見込みがないという場合ならば決断してもいいでしょう。

転職を決断したら

その際、次にやっておくのが志望する会社の研究です。といっても中高年者の場合、比較できるほど条件が揃ってるという事は少ないでしょう。多くは求人広告を見て気に入ったところよりも応募できるところを優先するでしょう。これはいたしかたない現状です。ここが中高年者の転職の厳しいところなのです。

今は求人に年齢制限を記入することは法律によりできなくなりました。ひと時は年齢30歳までだとか35歳上限という表記が当たり前でした。今は年齢不問という表記がほとんです。中高年者にとっては喜ばしい事だと表向きには見えます。

しかし、事実はそうではありません。

やはりどこの企業も採用したい人間は極力、若い人間の方を求めています。若い方が体力があって物覚えがいいから?人件費を安く抑えられるから?どちらも違っているとは言えないでしょう。企業としては人件費が低く抑えられる方が一時的にはメリットがあるでしょう。

しかし、そんな採用の仕方をしている企業だということが事前に分かるのなら、私はそんな会社は気持ち良く辞退したらいいと思います。入社してからのミスマッチぶりが見えてきます。私が思う中高年者採用の企業側のデメリット。それは中高年者さんたちの頭がカタくなっているという事だと思っています。

中高年者の強みを生かす

中高年者さんたちは今までキャリアと実績を積んでこられてます。全く社会の役に立たなかった人っていうのはまずあり得ないと思います。皆、それぞれのところで汗を流し会社に世の中には貢献してきた強者ばかりです。だからこそスキルもキャリアも磨かれそこが一番の売りとなるわけなんですが、じつはこの有り難い実績が次の会社で足を引っ張る意外な原因となります。自分の過去の成功体験から脱却できなくなってしまい頑固で融通の効かないタイプの人間に、頭のカタい人間になっているのです。企業側はここを憂慮しています。つまり入社してもらっても価値観のズレで立場を譲れないという部分がです。

ですからこれから転職を考えている中高年の皆さん、自分の過去の成功体験は一度全て洗い落としてください。

プライドまでは捨てなくともいいですがそれも時と場合による時があります。特に貴方の実績やキャリアを買われて入社された場合、上司と衝突する時が出た時に賢く振る舞えるかなのです。

いかにして自分をコントロールするか。転職で入ってきたのなら貴方はその会社での序列は一番下だと思わなければなりません。これが上手に出来る人ならたいていの企業で通用すると思います。しかし、世の中ここが上手くできない人間が実に多いのです。逆に言うとこのポイントをよく理解して日常業務に励んでいる人達が組織で生き残り自分のやりやすいように組織をコントロールしているのです。

ここを勘違いしたまま今後の転職活動を行なうとどかでつまずいてしまうということを覚えておいてもらいたいのです。賢く世の中を渡っている人は仕事の出来る、出来ないだけで評価されているわけではなく組織の中でいかにして立場を理解し行動しているか。その本質をいち早く気付いて身につけているのです。

とはいえ「中高年者の転職について【40代中途採用のデメリットについて】」の記事でも書きましたが、辞めないことによる利益もあります。必ずしも転職することが幸せとは限らないことも意識しておきましょう。








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

中高年者に薦める居酒屋業界の実態

時代はアベノミクスの影響でどんどん景気の状況がよくなってきたのでしょうか?消費の …

中高年転職者が身につけておきたいコミュニケーション能力【中高年者転職成功のコツ】

中高年転職者の方にとってコミュニケーション能力は完璧に身につけて入ると錯覚されて …