未経験職への転職のコツ

今はどの職場も人件費に非常にシビアになっており、余裕の無い人員構成で業務を行っています。そのため中途採用者に即戦力性を求める傾向がより強くなっています。こうした事情から未経験の仕事への転職は非常に難しい状況です。

ポイントはそれまでの職歴から新しい仕事との共通項を見つけ出すことです。そのためには、まず職歴をより詳しく振り返り具体的なエピソードを一つでも多く見つけておくことが必要になります。決して「こんな経験は誰にでも出来ることだろう」と勝手に決めつけてはいけません。

その次に、応募しようとする新しい仕事の内容をしっかり理解することです。ここでのポイントは「お客様の立場からではなく従業員の立場から理解する」ということです。例えばある店での店員の対応が良かったので販売員になりたいと考えたら、具体的にどの部分の対応が良かったのか、そのために裏側でどのような工夫がされているのかということを理解する必要があります。

そのうえで、自分の職歴や特性が新しい仕事にどう活かせるかを関連付けて伝えられるようにしておきます。

それでもなかなか職歴との関連性が上手く伝えられないとなれば、せめて必要な知識だけでも予め習得しておくことが求められます。例えば関連資格があれば先行して取得しておくことも有効なアピールに繋がります。

こうした準備は結果的に「未経験の仕事に取り組もうとする意欲」として伝わることになります。意欲が高ければ評価してもらえる可能性も広がりますし、特に30代前半までは経験よりも意欲を重視してもらえるケースも多くあるのです。

この他に制度的に未経験職への転職を支援しているのが「トライアル雇用」という仕組みです。これはハローワークにある求人の中で「トライアル雇用求人」と記載のある求人に応募する際に利用出来る制度ですが、利用するには一定の要件に該当することが条件になるので、詳しくはハローワークで相談してみましょう。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました