転職サイト、転職支援会社の使い方【求人サイト使用の注意点】

今や求人情報はインターネットで探すのが主流となっています。サイトも大手就職支援会社のものから地元に密着した情報をメインとしたものまで様々あり、とても使い易くなっています。

これらのサイトにはそれぞれ特徴があります。例えば得意分野が明確になっているケースです。販売系の求人が多いサイト、エンジニア系の求人が多いサイト、あるいは地元の中小企業の情報も網羅しているサイトといった具合です。自分の目指す職種や条件を整理して利用し易いサイトを重点的に活用するのが効果的です。

また複数の転職サイトの情報を一括して提供しているサイトもあります。勤務地や職種の希望条件をキーワードに各サイトから該当の求人を検索してくれるので、かなり便利です。

これらの転職サイトには、求人情報の提供だけでなく個別にアドバイスを受けられるサービスを提供しているものも多くあります。ネット上でアドバイスをくれる会社もあれば、登録後に直接コンタクトを取って担当者と直に面談出来る会社もあります。個人的にはやはり直接面談をしながらアドバイスや求人情報をもらえるサービスがいいと思います。文字だけでは伝わらない要素もありますし、何より安心感や親近感が湧くからです。

一方でこうした転職支援サービスにも利用する際の注意点はあります。

まずこうしたサイトに登録してある求人のほとんどは若者を対象とした求人であるという点です。中高年とインターネットは連想されにくいのかどうか分かりませんが、問い合わせてみても大半が年齢制限を設けているようです。画面上の上手な謳い文句は額面通りに受け取らない方が賢明かもしれません。

また転職支援会社は営利を目的とした組織でもあります。そのため登録者全員に均等なサービスが提供されるとは限りません。彼らからすれば登録者はいわば商品です。ですので商品価値が高いと思われる登録者には手厚いサービスが行われますが、そうでない登録者には何の情報も来ないケースだってあり得るのです。

「登録すれば、後はお任せ」の姿勢ではなく、やはり自分で動く姿勢は忘れてはならないのです。

もっとも、今はまだ転職をする気がなく、情報を収集したい場合やいい転職先が見つかったら行動したいと思っている人は求人サイトのスカウト機能を使うといいでしょう。スカウト機能はリクナビNEXTが便利です。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました