転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

履歴書・職務経歴書の書き方のコツ

      2014/08/09

転職に当たり、履歴書・職務経歴書を書きます。履歴書には自分の学歴・職歴・資格・自己PR・趣味特技・健康状態・既婚か未婚か、扶養は何人いるか、通勤時間等多くの項目を記入しなければなりません。

職務経歴書には履歴書の職歴の内容を事細かに書きます。これらをもとに、求人先では書類審査を行い、面接するか否かを決めます。求人にマッチングするように履歴書・職務経歴書を書くことが大切です。最近はワープロソフトが普及していますから、手書きではなく、ワープロでの書類作成もOKです。ここで、PCのスキルが問われます。ワープロ作成能力は一目瞭然です。ここをうまく書くとPC能力をアピールすることができます。より良い書類作成を心がけましょう。

逆に履歴書は手書きでもOKです。ワープロと違ってその型の個性が文字には出ます。ここで判断されることもありますから、手書きの履歴書を丁寧に書くことも大切です。

履歴書の学歴は大学卒なら中学卒から、大学院卒なら高校卒から書いて十分でしょう。

面接では、前の会社を辞めた理由を聞かれることが多いですからここは履歴書にも、一身上の都合とか、○○会社退社とか書きましょう。あとは転職回数が多い場合は一行の中に在職期間を書き込み見やすくし転職回数を少なく見せるテクニックが重要です。

職務経歴書は、自分の今までの職歴(仕事内容)をかくらんですが、求人先の公募内用について合わせて書くようにすることが肝要です。形式としては、概要、職歴の内容、自己PR等の構成になるお思います。概要や、自己PRは先にも述べたように求人先の公募内容に合わせて書くようにしましょう。

例えば、IT関係の求人でしたら、プログラムが得意であるとか、使用言語を記載すればよいでしょう。事務系でしたら、ワープロ・表計算の資格とかの有無を記載しておくことがPRとなり良い結果をもたらすでしょう。

職務経歴書については以下の記事も参考にしてください。

以上履歴書・職務経歴書について記載してきました参考にしてください。

スポンサーリンク









転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

失敗経験こそ自己PRの好材料【職歴の効果的なアピール方法】

職歴の振り返り方は「職歴の振り返りの方法【職歴の書き方について】」の記事も参考に …

職務経歴書の書き方②【枚数は多いほうがいいか?】

前回の「職務経歴書の書き方①【ポイントは求人側の視点でネタ選びをすること】」に引 …