転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

転職に有利な資格とは【TOEIC、日商PC、中小企業診断士等】

      2016/05/20

転職に当たり、資格を持っていることは大きなメリットです。また時間がある方は資格取得を目指しましょう。

語学系の資格では実用英語技能検定(通称英検)がポピュラーでしたが最近では、全世界共通の試験TOEICが一般的です。英検が合否で結果が出るのに対して、TOEICはスコアで表しますから合否はありません。

点数によってA・B・C・Dランクに分けられます。

  • A:ネイティブ
  • B:英会話が不自由なくできる
  • C:意思疎通ができる
  • D:勉強が足りない。

となっているようでスコアで自分のランクが解り転職先での評価も一目瞭然です。一般に会社内ではTOEICは海外出張用に、TOEFLというのは留学用のテストです。自分の実力を知るために一度挑戦してみてください。ちなみに私は英検2級でTOEIC:B~Cレベルです。会話くらいはできる状況です。

語学に続いて今は、ワープロ等の資格の重要です。私はCS技能検定ワープロ部門・表計算部門3級の資格保持者です。一般には日商PCの資格が有名です。ワープロ:ワード、表計算:エクセルが一般的な汎用ソフトです。これらをマスターしたうえで、パワーポイント、アクセスとうにスキルアップしましょう。以上は一般事務に必要な資格です。これだけそろって今は普通です。かなりの勉強が必要です。

次に大きな資格をいくつか紹介します。行政書士・中小企業診断士・社会保険労務士等です。これらは資格取得も難しく、合格すれば独立開業にも有利です。また会社での評価も高いです。勉強には主に通信教育が適当でしょう。通信教育は自分のペースで勉強できますから、時間に拘束されずに便利です。

主格取得を進めるもう一つの理由は、会社では資格手当がつくところも多くあるからです。

以上述べてきたように資格取得は転職への大きな武器となり自己PRは一目瞭然です。私はレーザースクール修了の経験がありますからここを活かした就活が主でした。

失業中には公共職業訓練を受けるというのも一つの手です。すぐに転職するつもりはなく、しばらくは資格取得等の自己研鑽に時間を当てたいと思っているのであれば職業訓練を申し込んでみましょう。詳しくは「職業訓練制度について【公共職業訓練と求職者支援訓練を利用して資格を取得】」の記事も参考にしてください。

働きながら資格をとるためには?

TOEICや簿記、FP、中小企業診断士等、取得すればキャリアアップにつながりますが、働きながらだと勉強する時間がなかなかとれないサラリーマンの方は多いかと思います。

働きながら資格を取得するためには「頭のいい人は暗記ノートで覚える!」で紹介されている暗記法を取り入れることで、少ない勉強時間でも効率的に暗記をすることができ、試験突破の可能性が高まります。

どの資格試験も暗記が必要ですので、まずは暗記のテクニックを身につけてから挑むようにしてください。

頭のいい人は暗記ノートで覚える!








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

就職・転職に有利でおすすめの資格とは【男性・女性別おすすめの資格】

「転職に有利な資格とは【TOEIC、日商PC、中小企業診断士等】」では具体的な資 …

転職における車の重要性について【自動車免許は持っておくべき】

再就職と車は一見関係ないように思われがちですが、実は重要なつながり関係があります …