転職における車の重要性について【自動車免許は持っておくべき】

再就職と車は一見関係ないように思われがちですが、実は重要なつながり関係があります。

都会では交通手段が発達して電車、バスで通勤等移動手段が確立されていますが、地方ではやはり車が重要な交通手段となります。地方では都会(東京、大阪)とは違って、交通網(バス、電車)の整備が進んでいないからです。都会では、バスや電車は5分も待たずに次々と来ます。なので、いちいち時刻表を見ないで良いのです。ただ、行き先をはっきり確認しとかないと目的地に行くことができませんから注意しましょう。一方、地方ではバスとか電車は1時間に1本とかしかないので車がないと不便です。

そこで、通勤の交通手段として車は必要となってきます。折角就職が決まっても就業地と自宅から離れていて通勤不可能では台無しです。求人票に要普通免許と特記してある場合がありますが、これは営業用だけではなく通勤手段の場合もありますから注意しましょう。

車の購入には多額のお金がかかります。数百万くらいの規模です。もちろん一括は無理な場合が多いですからローンで月々数万円ずつ5年以上のローンを組みます。就職前に車を購入することは以上のようなケースからなかなか難しい状況です。私の場合は、すべてローンは使いませんでした。通勤にも多く活用でき、車の必要性を大いに感じました。

少し横道にそれますが、私の場合は、セダンが多く、4ドアタイプで、色は白かシルバーが多かったです。一般に日本ではこの色が主流ですが、最近はカラフルな色も多いです。通勤と科にはセダンとかが一般的でしょう。自分はセダンでもスポーツタイプにも数台のりました。今はスポーツタイプです。あとは排気量ですが税金の面からも考えて1500cc以下がお勧めです。これ以上の排気量は維持するのが大変です。以上みてきたように、再就職と車は関係ないようにも思いますが、意外と重要な要素と考えます。皆さんも一度検討されてみてはいかがでしょうか。

転職活動の視野が広がり、転職成功の可能性が高まるはずです。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました