就職活動の適切な服装とは【面接に適したスーツ、ネクタイ、シャツについて】

今回は就職活動・面接に適した服装について紹介したいと思います。

「採用される面接のコツ【面接の決め手は50%が見た目(身だしなみ)】」の記事でも紹介している通り、身だしなみは転職成功の大きなウェイトを占めていますので十分に気を使いましょう。

就職活動に適切な服装について

まず、就職活動の時の服装はスーツが一般的でしょう。これは男女を問いません。25年くらい前では紺色かグレーのスーツが主流でしたが最近は就職難で黒色が多いようです。なぜ黒かというとみんな同じ色で個性を出さないカラー(色)、目立たない色として黒を選んでいるようです。皆最近の若い人は“事なかれ主義”で、自分を表現しようとしません。無難に乗り切ればいいという考えが前面に押し出されています。このような観点からスーツの色は最近が男女とも黒が多いようです。

就職活動に適切なネクタイの柄について

次に、ネクタイに関しては、レジメンタルやペイズリーが最もスタンダードでしょう。色は赤や緑とかでしょうか。

就職活動に適切なシャツについて

さらにシャツはホワイトのシャツが主流です。カラーシャツは避けた方が良いでしょう。あとは襟ですが、レギュラーが良いでしょう。ワイドスプレットとかはあまりよくないかもです。ボタンダウンシャツくらいは良いかもしれません。

今はクールビスでネクタイをしない時期も多いようですが、就活時には必ずネクタイを着用してください。相手への印象が違います。IT業界などのまれなケースでカジュアルでも良い職種もあると考えます。

就職活動に適切な靴について

靴はよく磨いたものを使いましょう。足元も面談時とかには観られる可能性があります。特に高価な靴が必要なわけではないです。きちっと清潔にしておくことが大切です。

就職活動に適切なスーツの値段について

スーツの値段ですが、昔はブランドものでしたら最低5万円くらいはしていましたが、今は量販店とかで1~2万円くらいで販売されています。価格競争でブランド品も安く手に入れることも可能です。スーツ、鞄、シャツ、ネクタイ、靴等一式で5万円前後あれば大丈夫でしょうか。昔は10万円弱していたような気がします。

安くて質の良いスーツとかが手にいる時代です、就活のスタイルには恵まれています。服装にも気を配り良い就活を行いましょう。きっと良い結果が伴ってくると思います。身だしなみは就活の第一歩です。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました