社内訓練(新人研修)の重要性について

転職には、様々な要素が組み合わさってきますが、そのエッセンスは最初にいた会社とか、新入社員のときに行われた研修(訓練)に隠されていることが多いです。

最初会社に入社したら必ず新人研修があります。この時に社会人としての常識や、その会社の概要、留意点を事細かに教えてくれます。そこでこの時のことを思い出すことが重要です。冊子やメモ(ノート)とかがあれば効率的に復習ができるでしょう。大きな会社では訓練が充実していて多くの資料を配布しています。ここは重要なポイントです。有効活用しましょう。

さらに重要な点は訓練時に自分の意見を述べる時間(人事担当者と)を設けているケースもあるということです。ここは重要なポイントで、面接と同じで、自分の主張をうまく伝えれば、自分のしたい仕事につける可能性も大いにあります。自己PRの最高のチャンスです。十分活用してください。

私の場合は、新人研修は2回行われ、1回目は全体概要(会社概要やビジネスマナー等)で、2回目は、専門分野の訓練でした。2回目の時に人事調整が行われ、私の意見は上にあげられ検討し、翌年実現しました。うまくいったケースです。ただこの場合も、自己PRだけではなく、別の研修が行われこの成果が評価されて実現しました。やはり現実はかなり厳しいです。人事手続はかなり複雑です。要領よくまとを得て、話さなければ、人事も万人相手、折角の機会を逃してしまうこととなります。私は幸運にもこの機会に恵まれ、自分の希望を実現しました。この間に受けた研修は自分の専門とは違っていて多くの知識、技術を得ることができました。

新人研修は、社会で生きていくうえでのバイブルです。真剣に取り組み、着実にものにしましょう。重要なヒントが隠されていますよ。よく読み取りましょう。

ここでは新人研修を例に、自己PR等のことについて述べました。参考にしてください。きっと役に立つと思います。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました