転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

就職活動は自分を売り込む営業活動【自己理解、自己PRの作成、求める人材の把握】

      2014/08/09

よく就職活動は営業活動に例えられます。つまり「自分」という商品をいかに応募先に売り込むかという点で営業活動に共通する部分があるというわけです。

では実際に営業活動の流れに沿って確認してみましょう。

まず営業マンが最初にやる作業とは、商品の特徴を掴むことです。自社の商品は何が優れているのか、他社の商品と比較して勝っている面と劣っている面は何か、を徹底的に覚えこみます。これを就職活動に当てはめれば、自己理解という作業になります。自分の長所・短所から特性を把握したり、職歴があればどんな仕事経験があるのか、どんな知識や能力があるのかということをしっかり認識することが初めに行うべき作業になります。

商品特性が分かったらそれを十分に伝えることが出来るセールストークを学びます。いかに商品を魅力的に伝えるか、弱点を突っ込まれたらどう切り返すか、といった準備をしておくことで自信を持って営業に臨めるようになります。これを就職活動に当てはめると、自己PRの作成作業になります。自分の良さをいかに相手に分かり易く伝えるか、表現方法を考えることが大切となります。

こうして事前準備が整ったら、営業先の特性を調べ商品特性のどの部分が商談のカギとなるかを把握することが重要となります。これを就職活動に当てはめると、求める人材の把握という作業になります。例えば指示を遵守するタイプがいいのか自分で判断し動けるタイプがいいのか、リーダータイプがいいのか参謀タイプがいいのかといったような判断です。

こうした作業は一見難しそうに思えますが、結構仕事の種類や求人情報から読み取ることが出来ます。例えば危険を伴う仕事では指示を遵守するタイプが求められますし、営業職のように自由に外を飛び回る仕事では自己判断が出来るタイプが求められます。

また求人情報のコメントに「将来の幹部候補募集」とあればリーダータイプが好まれるでしょうし、経営者の年代が近ければ参謀タイプが好まれる可能性が高いと思われます。

そして最も営業活動と同様に取り組むべき点は、計画を立て達成意欲を持って活動に臨むという点です。惰性で活動しても決して上手くはいかないのが、今の就職戦線なのです。

 

スポンサーリンク









転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

どの会社に転職しても通用するスキルとは

何も焦って転職に走ることはないのです。逆に勢い余ってやってしまうと次のところでも …

専業主婦からの再就職する方法【ブランクをブランクとして受け取られない準備】

景気の低迷によって給与水準もどんどん下がっています。そのため二馬力で家計を支えよ …