ハローワークについて【無料カウンセリング、公共職業訓練を活用しよう】

ハローワークは正式には公共職業安定所といいます。市民・県民に親しんでもらうため各都道府県の市町村に1ずつ設置されていてハローワークの愛称で親しまれています。主な目的(仕事)は、職業斡旋です。特に失業していなくても、ハローワークの窓口へいき求職票に記載すればハローワークからカードがもらえて、このカードで全国の求人が検索でき、相談窓口で求人紹介がなされます。特に制限は設けていないようです。転職や就職を考えるときに一番身近にある公共相談施設がハローワークです。

「ハローワークの無料コンサルティングを最大限に活用しよう」の記事でも紹介していますが、就職検索・斡旋のほかにカウンセリングもあります。これは1人で就職のことを悩んでいてもうまくいかないような方向けです。元企業で総務人事関係の仕事をしていた方や、カウンセリング専門の方が親切に相談にのってくださいます。こういうご時世ですから、利用する方は多く、予約制になっていますが活用の余地は大いにあるでしょう。履歴書の書き方・面接の仕方等いろいろと相談にのってくださいます。1人で悩まずに大いに利用しましょう。ベテランのカウンセラーが就職に適格に導いてくださいます。

また、「職業訓練制度について【公共職業訓練と求職者支援訓練を利用して資格を取得】」の記事でも紹介している通り、ハローワークでは公共職業訓練を受けることができます。就職が難しい方は、職業訓練を受けて、技術等を身に着けて、就職に有利に進めていく方向で、就職活動を行っていく仕組みです。いろんなケースがありますが、試験・面接があり、合格者だけが訓練に参加できます。県の機関になるといわれています。大本は国に帰属するのでしょう。この間有給の訓練や、交通費だけは出る訓練など多くのケースがあります。分野はPCスキルから建築・旋盤加工など多岐にわたっています。かなり高度な技術が身に着けられ、国家資格を受験することができ、資格取得できれば、就職へ一歩近づきます。

ハローワークは職業斡旋だけではなく、職業訓練、職業相談も行っています。無料で相談できますので大いに活用して就職に結びつけたいものです。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました