転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

転職先としてのマッサージ師について【給料や勤務形態、求人情報】

   

街中で、「整体マッサージ」のお店をよく見かけるようになりました。肩こりや腰痛で悩んでいる人が多くいるということもあるかもしれませんが、なりたい人も増えているようです。

でもマッサージ師に簡単にはなれないのでは?と思いますよね。それがマッサージ師に転職も案外楽にできるようなのです。ただし、技術職ですから、やるとなったらきちんと覚えなければならないことは多数あります。体をほぐして喜ばれる仕事マッサージ師。

転職するにはどうすればいいか、見ていきましょう。

マッサージ師の勤務実態

マッサージ師にという仕事は、実は2つに分かれます。

あん摩マッサージ指圧師

あんまマッサージ指圧師の主な仕事は、肩こり・腰痛・頭痛などを、道具を使わず手だけで行う徒手(あん摩・マッサージ・指圧)で解消し、緩和することです。

また、原因をきちんと追究するため、問診や検査法を行ってから施術します。国家試験を受けて国家資格を得て免許を得ることができます。

開業だけでなく、治療院や病院勤務、スポーツ選手のトレーナー、ヘルスキーパー(企業や介護施設など)もありますが、美容のために顔や首や全身施術が有効とされるなど、多岐に渡って行われています。

整体師

整体師の仕事は、体全体の骨格や関節の歪みやズレなどを矯正したり、骨格筋の調整などを、手足だけでなく補助器具などを使って症状の改善や治療を行う、民間療法です。

特に資格がないため、誰でもできますが、あん摩・マッサージ・指圧などの各手技を使っての整体はできません。整体院の開業や勤務などが主です。専門学校やスクール、中には院での実習でも勤務に就けるので、実際に治療を受けないと効果があるかはわからないのが実情のようです。

マッサージ師の給与や待遇

マッサージ師の給与と待遇の違いを、いくつか挙げてみます。
※【リジョブ】求人参照

あん摩マッサージ指圧師

1.ほぐし家 渋谷店 (正社員)
・勤務地:東京都渋谷区
・勤務時間:10:00~翌4:00(朝昼夜3交代制) ①10:00~19:00 ②14:00~23:00 ③19:00~翌4:00
週5回、週6回、深夜、シフト制
・月給:21万円以上 歩合制60分2,700~3,300円 +指名手当
(月収例:入社3年目1日平均4本(歩合2,800円=11,200円 週5勤=246,400円、週6勤=280,000円)
昇給・賞与制度あり 有給休暇あり 社会保障・保険制度完備
交通費上限 2万円まで

2.指圧・ハリ・灸 からだ工房 (正社員)
・勤務地:東京都千代田区
・勤務時間:10:00~21:00で要相談 日祭日曜休み(+1日) 夏期休暇、年末年始
・月給:23~40万円 歩合あり
昇給・賞与制度あり 有給休暇あり 社会保障・保険制度完備 交通費支給

3.もみの匠 白山店 (アルバイト)
・勤務地:東京都文京区
・勤務時間:早番10:20~18:00,19:00,20:00 遅番13:00~23:00 15;00~23:00 18:00~23:00など
週1~週7回、シフト制、完全週休2日、日曜休み、平日休み 相談OK
・時給:950円以上
経験不問・未経験歓迎 年齢不問

4.新宿マッサージ レストタイム (アルバイト)
・勤務地:東京都新宿区
・勤務時間: 12:00~21:30(6時間以上)
週2日以上、シフト制、完全週休2日、日曜休み、平日休み 相談OK
・時給:910円または歩合金の高額の方を支給 指名料1/1,000円+時間外手当(20分/規定額)
1施術あたり(60分)時給:2,720~3,875円
・無料研修あり 経験不問・未経験歓迎 女性限定

5.KA・RA・DA Factory池袋マルイ店 (アルバイト)
・勤務地:東京都豊島区
・勤務時間: 11:00~20:30 シフト制
週4日以上、土日祝働けること
・時給:940円以上 +能力給
・研修所での4週間の研修+店舗実習
・経験不問・未経験歓迎 交通費支給

マッサージ師になるために必要な資格や条件

マッサージ師として働くために持っていると有利な資格や条件を紹介します。

あん摩マッサージ指圧師

あんまマッサージ指圧師は、厚労省が認定している国家資格です。これを持っていると給与に差が出ます。大学に入学できる学力があり、文科大臣認定の学校または厚労省指定の養成施設(専門学校)で必要な知識を及び技能を修得した人に受験資格が与えられます。

あるいは、著しい視覚障害者においては、高校入学できる学力があり、3年以上文科大臣認定の学校または厚労省指定の養成施設(専門学校)で必要な知識を及び技能を修得した人に与えられます。

毎年1回国家試験が実施され、合格者には合格証が交付され、免許証を交付し、資格を得ることができます。医療概論・衛生学・公衆衛生学・関係法規・解剖学・生理学・病理学概論・臨床医学概論・臨床医学各論・リハビリテーション医学・東洋医学概論・経絡経穴概論・あん摩マッサージ指圧理論および東洋医学理論などから出題されます。

整体師(民間資格)

整体師養成のセミナーや専門学校で学ぶことで、技術を修得できます。整体院として開業している店も、多くはこのタイプなので、通って技術を身につけたということであれば仕事を得やすいです。

セミナーによっては1日の受講でOKというところもありますが、きちんとマッサージ技術を得たいのであれば、専門的な学校に通ってしっかり身につけた方がいいでしょう。履歴書に学歴があると未経験ではなく、すぐに接客ができるでしょう。

未経験でもやる気があればOK

店舗の中には、未経験でもやる気があるなら就職でき、研修を受けられます。そこから契約社員としてステップアップでき、頑張れば正社員にも。初めはアルバイト扱いになりますが、お客と早くから接することができ、指名も得られやすくなります。まずはやりたい、と思うなら、研修制度のあるお店を探してみてください。

マッサージ師は転職先にとしてどうか?

マッサージ師は転職先として働きやすいのかどうなのか、客観的に見てみます。

ここ最近、マッサージ関係の店舗数が増えていて、マッサージ師の需要はあるようです。店舗によって治療費も異なります。
実は、あん摩マッサージ指圧師よりも整体師の方が収入が多いという話もあります。

それは店舗の料金設定によります。民間療法のマッサージは、時間も料金も内容も細かく分かれていて、上乗せがしやすいため、全体的に高くなる傾向があります。

あん摩マッサージ指圧師の治療時間は30分、5,000~10,000円となり、大きなアップは見込ません。ただ、体全体のケアをしますし、専門的は知識も必要になるので、長くケアを望む方には好まれます。長い目で働くことを考えるなら、時間が掛かってでも国家資格を取ることをおすすめします。

体力があり、マッサージに興味があるから早く始めたい方は、学校がスクール、店舗での研修がいいでしょう。特に年齢制限がないので、誰でも始められますが、リラクゼーションサロンは女性限定のあるので、求人情報をよく見て検討してください。

まとめ

マッサージ師は転職先としてのどうなのかについてみてきました。技術職にもかかわらず、実際には入りやすい業種だということがわかりました。

ただ、内容としてはピンからキリまであり、技術の差があることは否めません。マッサージを極めるか、ただ仕事としてやるかによって全く違ってきます。マッサージは、体の悩みを抱えた人のためにあります。

安易に考えず、まじめに勤められる人に就いて欲しい職業です。








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

中高年者に向いている業種・職種 「店長」の求人情報について

店舗でお客様に接客をし、販売や店舗運営などの業務をとり行う「店長職」の募集も結構 …

仕事のできる営業マンは転職市場でも有利【需要の最も多い職種とは】

転職市場の職種は実に様々です。そんな中で最も需要の多い職種は何といっても営業でし …