転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

転職先としての「アパレル店員」について 仕事内容や給与・待遇について

   

アパレル店員というと、どのようなイメージを持ちますか?

ショップの服をきれいに着こなし、明るくお客に接して、アドバイスをしながら販売しています。

特に若い女性の間では、「カリスマ店員」という、抜群の着こなしで支持を得ている店員もいるようです。おしゃれが好きで、いろんな着こなしを楽しめ、さらに多くの人に見てもらえるアパレル店員。

見た目は華やかで、自分の好きなショップの服を着て仕事ができる、まさに理想の仕事といえます。

そんなアパレル店員は、転職先としてはどうなのでしょう?

勤務時間や売り上げによる収入アップ、休憩の取り方などどうなのかも気になります。

好きなら就ける職業なのか、資格や条件、それによる待遇の違いなどが知りたい方のために、転職先として「アパレル店員」の仕事はいかなるものか、紹介していきましょう。

アパレル店員の勤務実態

ショップの商品を売るのがアパレル店員の仕事のように思えますが、実際はどうなのでしょう。

雇用形態ですが、まずアルバイトとして採用され、やる気や経験、それに実力も考慮されて契約社員になり、そしてステップアップして正社員になるというのが一般的です。

ショップによって変わってきますが、店舗の営業時間で早番・遅番といった形で交代で働くこともありますし、時間内フル稼働になることもあります。

仕事内容は、商品を売るだけではありません。

開店準備から始まり、洋服選びのアドバイスやサポート、レジ業務などをしながら、店内の掃除や商品整理、検品作業やタグ付け、ディスプレイや在庫管理などをこなし、最後に閉店準備をします。

一見華やかですが、実はとてもハードな仕事が多いのです。ずっと立ちっぱなしですし、常に笑顔で接客しなければなりません。

ノルマも課せられ、人間関係のストレスもあり、すぐに辞めてしまう人も多いようです。おしゃれが好き、着こなしを見せたい、アドバイスしたいだけではできない仕事と言えます。

アパレル店員の給与や待遇

アパレル店員の給与と待遇の違いはどうなのでしょう?

アルバイトと正社員とでは差がありますので、別々に明記します。

アルバイト

・アルバイト:時給900円程度(人気セレクトショップのケース)首都圏外ではもっと低いようです。

正社員

正社員の平均年収:平均年齢38歳・勤続年数8.7年とする
平均年収325.5万円(男性376万円:女性272万円)
平均月収24万円
賞与(年2回)38.3万円
労働時間:170時間/月、超過労働:13時間/月として

また、正社員の場合、男性と女性では平均年収100万円の開きがあり、男性の場合は年齢が上がるにつれて昇給するのに対し、女性はほぼ横ばいになっています。

アパレル店員になるために必要な資格や条件

アパレル店員になるときに好条件になる資格や条件を紹介します。

アパレル店員は、特に学歴や経験を問わないことが多く、全くスキルがなくても仕事に就けます。会社によって研修があったりしますが、一般的には働きながら業務に必要な知識やスキルを学んでいきます。

仕事に活かせる関連資格

・販売士
一般社団法人日本販売士協会が定めた公的資格で、小売や流通業界向けの資格試験です。

・ファッション販売能力検定試験
一般財団法人日本ファッション協会振興協会が定めた公的資格で、1~3級に分かれています。販売知識・販売技術・マーケティングの知識などを学びます。

・色彩検定
公益社団法人色彩検定協会が行う検定試験で、デザインやインテリア関係者も多く取得しています。
色に関する知識を得ることで、コディネートやアドバイスに役立っています。

※通信講座で手軽に検定試験を受けて資格を得ることができます。

アパレル店員のは転職先としてどうか

アパレル店員は転職先としてどうなのか、客観的に見てみます。

まずアルバイトをしてからスキルアップを図り、ステップアップで正社員を目指すか、最初から正社員を希望するかで、方向性は違ってきます。

需要も高いので、外部の派遣会社に登録して、派遣社員としてアパレル店員になるケースもあります。

また、チェーン展開する大手アパレルショップ、ブランド直営店、個人経営店、百貨店のショップなど、店舗の規模や人員数によっても差があります。

収入の安定やキャリアアップを望むのであれば、正社員を目指すべきでしょう。

また、資質はどうかについても見てみます。

接客ができることが大前提ですから、初対面の人とも人見知りせず、笑顔で対応できなければなりません。ファッションにも意欲的で、シーズンごとに入る商品にすぐに対応できる積極性も必要です。

商品知識だけでなく、流行やお客に購買意欲を持たせる着こなしなど、常に自分が輝いていようという姿勢でいられることも大事です。

人間関係でのストレスもありますし、常時立ちっぱなしなどのハードな面もあり、心も体も折れにくい人がいいでしょう。

どんな時でも常に笑顔でお客を迎え、商品を上手に勧められる技量が問われます。

まとめ

アパレル店員は、買う側から見ると憧れに近いものがあります。好きな服を上手に着こなし、いつも笑顔で迎えてくれます。

また、そのブランドの服が安く買えるというのも魅力でしょう。

でもその裏では、地味な仕事も多く、休憩も短いので重労働と言えます。いつも同じものを着ていられないので、出費もかさみます。

それでもやってみたい、おしゃれが大好きという人は、トライしてみてください。








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

居酒屋業界の最大手だった「和民」の実態【なぜ衰退しているのか】

居酒屋業界の最大手だった「和民」がピンチに陥っています。客離れが止まりません。店 …

no image
転職先としての保険営業について【年収や必要な資格について】

生命保険は、もしものときのために、誰でも加入しています。CMでも紹介されています …