30代中高年者の転職活動【35歳転職限界説】

よく「35歳転職限界説」なる言葉を目にすることがあります。これは35歳を境目にして転職活動の難易度がグッと上がることを意味していますが、実際にはどうなのでしょうか。

確かに求人情報で「35歳以下を希望」との条件が付いているものがよくありますが、別に35歳で厳密に線引きしているわけではなく30代前半までを希望しているとの意味です。

「本当に苦しい中高年(30代後半~40代)の再就職」の記事でも記載していますが、何故30代前半までを希望するのかと言えば、知識や技能の習得にも柔軟性があることや指導役の社員より若い年代の方が何かと扱い易いからといった理由からです。とはいえ30歳を過ぎれば20代のようにやる気だけでの採用は厳しくなって来ます。20代での経験を踏まえて今後はどんな職業人生をイメージしているのかを明確にしておくことが転職を成功させるポイントとなります。

また、転職後の姿勢も大切です。指導役になるであろう今の30代後半はいわゆる「就職氷河期」に入社した年代です。彼らは新入社員時代から丁寧に指導・教育された経験が乏しく、自分達で試行錯誤しながら仕事を覚えた人達が多くいます。そういう人の下に付いて、「一から教えてもらおう」という姿勢では痛い目に遭います。それまでの職業経験を活かして自ら学ぶ姿勢を示すことが大切になるのです。

一方、30代後半になると徐々に管理的な能力を求められるようになって来ます。そのため経験のある職種には転職し易いのですが、未経験の仕事には20代や30代前半に比べて就きにくくなって来ます。また30代後半となれば社会に出て10年から15年が経過おり、それだけの経験がありながら何故今更未経験の仕事を希望するのか、という点で引っ掛かってしまうことも要因に挙げられます。単に「興味があったから」という学生と同じような志望動機ではなく、それまでの職歴に基づいた動機が必要になるのです。

こうした事情から「35歳転職限界説」とは、職種にこだわらず転職が可能な年齢を示しているとも言えます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました