転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

転職に「松下幸之助」の教えを役立てる ~その1~【転職のヒント】

      2016/02/13

私が店長をやっていた時期に「松下幸之助」関連の本はたっぷり愛読させてもらいました。「経営の神様」と呼ばれた稀代の名人の考えを少しでも知れば今やっている仕事に役立つのではないか、という思いで。結論的に申しますと役立つどころか世の中に出て仕事をしている全ての人が何らかのヒントを得れる数珠の名言のオンパレードでした。

この考え方はこれから転職を考えている人にとっても役立つであろう事は容易に想像できます。では、私なりに感じたところを幾つか列記していきたいと思います。

「とにかく考えてみる事である。工夫してみる事である。そして、やってみる事である。失敗すればやり直せばいい。」

この格言は私が別のところで教わった「PDCA」そのもではありませんか!

「PDCA」つまり、プラン、ドゥ、チェック、アクションの事なんですが。計画を立てて実行して、途中でチェックしてまたやり直すっていう意味です。

この教え、ある経営コンサルタント会社が我がもの顔のように誇らしく教えてくれていたルールなんですが、なんの事もない、それより何十年も前に既に松下幸之助によって世に発表されていた黄金律だった訳です。

経営コンサルタントが言うにしては妙に説得力があったんで一目置いていたんですが。なんや、ただのパクリかい。っていう思いですね。まあ、本題に戻りますが、どんな会社であっても業界であっても仕事をやっていく上で、やり方の違いはあるでしょうが成し遂げていくための本質は同じだという事です。

どんな仕事でもまずは自分の頭で考えて一応のプランを立てる。それから、とりあえず実行に移してやってみる。結果を気にせずに。そして、うまくいかない所をピックアップして原因を追求し、改善点を探し出す。最後にもう一度やっていく。

この流れはどんな仕事にも等しく使えるはずです。

転職でも同じです

もし、今よりも給料の高い所に行きたいという目標を立てたのなら、まずは片っ端から給料の高そうな所を選んでいきますよね。

しかし、ある程度集まった所でふと立ち止まって考えます、一体、自分のやりたかった事はただ、給料の高い所へ入る事だったのか?、と。

そこで初期における目標設定に誤りを発見する訳です。自分が本当にやりたかった事はただ、給料の高い所に入る事ではなく、一生をかけて取り組める仕事に出会える事だった、などです。

そこで、情報収集を変更しやり直していく。

人生も仕事もこの繰り返しなんですよね。今、やっている事がどうもしっくりこないとか、疑問の思うなどの問題が出るのであれば、一度手を休めてじっくりと振り返り考えてみればいいのです。

自分の5年先、10年先を思い浮かべてみましょう。きっと何らかの答えが出るはずです。今の所でまだ、やり遂げれていない自分を発見するのも良し。今のここには見切りをつけて新天地に活路を見出すのも良し。

惰性に流されるだけで何の疑問点も持たずに生きていく事がいい事だとは決め付けれませんが、後々で後悔する事があるのであれば、常に疑問点を持って行動している方がイキイキとした生き方に通じるのではないでしょうか。

まずは、自分の衝動がどこから来ているのかをじっくりと分析してみる所から始めるべきです。

「人の言に耳を傾けない態度は、自ら求めて心を貧困にするようなものです。」

しかし、流石に松下幸之助氏はいい事をおっしゃいます。この人と同時代に一緒に仕事ができた人は他の誰よりもラッキーだったと思います。人間っていうのは、所詮、一人では何も出来ません。いくら独立して起業してみても自分一人だけのビジネスは必ず大きくなりません。

仕事は広く社会全般の人たちの幸福と発展を願って行うべきものです。自分さえ評価されればいい、とか同じ部署の他の人が失敗しも、それはその人が無能だから当然の報いだ、なんて思っているうちは、まだまだこの先、痛い目を被るでしょう。

自己主張ばかりの人間には誰からも人望を得ることは出来ません。自分の弱い所や欠点を包み隠さず人に見せる事が出来る人が最強の成功者なのです。でないと、人は成長出来ません。

この理屈が分かったならばどんな会社に転職してもきっと仕事はうまくいく事でしょう。

逆に自分がこの世で一番、正しいんだ。人の言う事に耳は貸さない、なんていう態度で会社にいたらどうでしょうか?

たちどころにその人の周りから人が離れ始め貴方は孤立するでしょう。俗にいうコミュニケーション能力の欠落といやつですね。組織の中にあっては痛恨のマイナスポイントとなります。

こういった人が果たして転職しようとしても次の職場でうまくいくでしょうか?きっと、同じ事でまた、嫌になり転職先を探し続けるという事になってしまうでしょう。

自分をバカにして人の意見をよく聞く。このしたたかさに気づけば貴方はどこに行っても失敗する人にはなりませんよ。

さいごに

今回はこの辺りで止めておきます。松下幸之助の教えはまだまだ、無数にあります。あと、もう少しお付き合いしていただきたいと思います。

参考:転職に松下幸之助の教えを役立てる~その2~【ピンチから這い上がる】








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

人を動かす その3【褒めて育てる】

カーネギーの書評でもないんですが、彼の本を手にしたおかげで本当に助かったのは事実 …

転職に松下幸之助の教えを役立てる~その2~【ピンチから這い上がる】

では、前回に引き続きまして経営の神様、松下幸之助氏の格言・名言から転職に関わるヒ …