転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

失業保険をもらいながらバイトをしてもいいのか?ばれないのか?

      2015/06/23

前職をやむなき理由で退職してしまった事は非常にお気の毒です。しかし、自己都合退職でなければ失業保険を1週間後にはもらう事ができます。自己都合退職だともらえるのは半年先ですからね。では、失業保険をもらっている最中にアルバイトなどで別収入を発生させても良いのでしょうか?

ハローワークで説明があります

私も一度だけですが失業保険をもらっていた期間がありました。確か2ヶ月か3ヶ月間だったと思います。もちろん、交付を受けている間は別のところで収入を得てはいけません。という事は働いてはいけない、という事になります。もし、この期間中に働いていた事が発覚したら、給付の資格を失います。

失業保険の性質

そもそも、失業保険(失業給付金)は何らかの理由により働く事が出来るのに働く機会を奪われてしまった人が次の就職までの期間中に生活が出来るように配慮されたものです。これのおかげで安心して次の職探しに専念出来るという訳です。なので、給付期間中は余計な事は考えずに正式に就職が決まるための活動に力を注ぎましょう。

そもそも、転職活動というのは昼間に行われなければなりません。それなのに、昼間のうちにアルバイトをやったりしたらいつ、転職活動をするのでしょう?また、ハローワークが決めた期間内に転職が決まれば再就職手当という給付金を受け取る事もできます。これらは前職できちんと各種の保険を支払っていたからこそ受け取れるものです。あまり、姑息な手段を考えていたら肝心の転職の方が進まなくなってしまいますよ。

多少のアルバイトならOKか?

「アルバイトは問題なくできます」が、「申請が必要」であり、そのためバイトした日の給付は「先延ばし」になる。という事です。但し、あまり多くの金額を稼いでしまっては具合が悪くなります。せいぜい、月に5万円位までに留めておいてもらいたいです。

と、言いますのは週に20時間以上の労働や雇用期間が31日以上になってしまうと「就労」した、と認識づけられてしまい、雇用保険の適用を受けれなくなります。

アルバイトやパートでも、年間にして70万円を超えてしまうと税金を納めなければならなくなります。こうなってしまうと確実にハローワークに分かってしまいます。それと4週間に1回のペースでハローワークに提出する「失業認定申告書」に収入の内訳を記入しましょう。

ばれないだろうと隠しておいて後でバレてしまったらとんでもないペナルティがあります。これを正しく報告していれば働いていた期間分はストップしますが給付期間終了時に新たにその働いていた期間分の支給を受けられます。なので、隠し事をせずに正しく報告していきましょう。

また、働く時間帯は昼間だと何かと具合が悪くなってきます。昼間はやはり、転職のために自由にしておかなければなりません。となりますと、深夜の時間帯の仕事となってしまいます。働き慣れない時間帯かもしれませんが、もし労働に頑張ろうと思うのならばこの時間帯に汗を流すしかないでしょう。

深夜の労働で気を付ける事

気をつけなければならないのは深夜の労働は少しやっていけばすぐに5万円くらいの収入が入るという事です。深夜の時間帯(22時から翌日の5時まで)は割増単価となります。通常の時間給の1・35倍となってきます。通常が900円だったとしたら1215円の時給計算になります。

週に5日も6日も入っていたらあっという間に達成してしまうのです。なので、しっかりと自己コントロールする必要があります。

さいごに

以上、失業保険をもらっている期間中にアルバイトをやる事について書いてきました。ただ、もう一度繰り返しますがこの期間中は1日でも早く定職を探すための期間なのです。失業保険金プラスアルバイトで両得になるための期間ではないのです。それに、この法規は比較的、改正が頻繁に行われます。私の経験が実は今の時代では全く真逆な結果に終わる可能性もあります。

それにより早く就職したほうが再就職手当ももらうことができ、アルバイトするよりずっと得なんです。

参考:失業手当を長くもらうより再就職を早めた方がお得【再就職手当について】

ですから、バイトをして少しでも稼いでやろう、なんて気持ちはあまりお勧めできません。やはり、この期間は1日でも早く就職を決めるための期間としてフルに活用させることが大前提であり、最優先事項です。もし、この期間中に二股でアルバイトをやっていた事がバレて失業保険の給付を止められる程度ならまだいいですが、最悪、悪意があったと判断されたりしたらとんでもない結果を招いてしまう恐れもあります。

そこまでの給付額の全額返済プラス別途で罰則という事態も絶対にないとは言い切れません。もし、それでも、という事でアルバイトをされるならば、もう自分自身の完全自己責任の元で対処する事になるでしょう。

最近では不正に生活保護を受給していたり死亡してしまっているのに年金を不正に何年にも渡って受給しているというニュースが後を絶ちません。確かに公的機関のチェックの甘さにも問題はありますが、それを逆手にとって悪用するのはまた別問題です。

転職期間中は全神経を転職活動に使うのがセオリーです。どうぞ、貴方の転職がうまくいく事を願っております。








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

失業中の収入を確保する方法【住宅支援給付と総合支援資金貸付について】

失業手当や職業訓練制度については「職業訓練制度について【公共職業訓練と求職者支援 …

失業手当がもらえない人への救済策【求職者支援制度について】

雇用保険に加入してもらえなかった、あるいは短期での離職を繰り返したりした場合には …