転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

面接試験の突破確率を上げる方法について

      2015/08/04

転職であれ新卒者の就活であれ最終的に控える入社試験の総本山は面接です。これを突破しないことにはいくらエントリーシートや書類選考で合格できても希望する会社には入れません。面接が苦手であろうがなかろうが何らかの手を打って乗り越えなければならないのですでは、面接を具体的に突破していくいい方法というのはあるのでしょうか?

以下に紹介してまいります。

未来を見せる

大抵の会社で問われるのは「志望理由」や「自分の長所」あるいは「わが社に入って何がしたいか?」といったところでしょう。まあ、面接での質問の定番ですし、これ以外の事を聞いても意味がないという事にまりますね。その辺りの情報は応募者側も十分承知しています。逆に言うと面接側も返ってくる返答に物凄い免疫ができているという事になります。

未来を見せるということは過去のあなたの実績ややってきた成功例、あるいは学歴や前職でのポストなどを誇らしげに語る事ではないという事なのですね。

これからあなたがこの会社に入ってやりたい事、実績を挙げたい事などを具体例をつけて話してもらいたいという事なのです。

面接官は入って欲しくない人の志望理由を嫌というほど聞かされています。個性も独自性もなく自己開発力のかけらも感じさせてくれない答弁を朝から夜まで聞き続けている訳です。だから、就活マニュアル本に載っているような良くできた「模範解答」などは絶対に真似してはいけないということなのです。

「未来を見せる」つまり会社側があなたを採用することによって会社にもたらせてくれる利益をどこまで具体化させて見せてくれるか。ズバリそこにかかっていると思いますね。

笑顔

「笑顔」 は困った時の瞬間接着剤のような役割を果たしてくれます。終始、にこやかな場が出来上がっていればいいですが、中には圧迫面接のような場を凍らせてしまうような場面もあるかも分かりません。そんな時にあなたが相手につられて怖そうな顔になったり眉間にしわを寄せて黙りこくってしまったらどうなるでしょう。

面接は即、打ち切りになってしまうかも知れませんね。例え、相手がそういうムードになるよう仕掛けてきたとしても貴方に、その場の雰囲気をひっくり返すだけの度量がないというふううに判断されればそれで終わりです。じゃあ、どうすればいいか?確かに「これだ!」という絶対の回答はありません。

しかし、そういった意地の悪い展開に持っていかさない為にも最初から終始、笑顔を振り向き相手のペースをこちらに持ってくるよう仕向けたいものです。それとは逆に自分の方から積極的に話さず受け身に終始していたのでは面接官側としても見込みなしと早々と失格の烙印を押してしまうでしょう。

その上で笑顔もなくずっと張り詰めた表情をしていては全く形無しです。笑顔は場の雰囲気を和らげ自分自身を好印象に感じてもらえる数少ない効果的な方法です。家でじっくり鏡を見て笑顔の練習を積みましょう。

参考:圧迫面接をする企業の対処法【面接官の質問の意図を読み取れ】

演出する

面接では終始、自分の思う通りに進むと限りません。多かれ少なかれ自分の意に反した意地悪な質問や想定外の問いかけをもらってしまう場合もあります。しかし、ここが面接本来の突破口となるポイントではないでしょうか?でないと企業側も貴重な時間を割いて貴方を獲るかどうかの判断を行わないでしょう。

自分を演出するとは。つまり困った時のやせ我慢。どうやって体裁を取り繕うかです。自分がそに会社の一員になったつもりで回答する事が求められます。

真摯な態度
いくら演出するといっても嘘偽りだらけでその場をしのいでも結局また自分に帰ってきます。自分だけならいいですが会社の対面も汚してしまいます。どこまでなら演技をしても許されるのか。素早く計算し行動する能力が試されているのです。

前向きに、朗らかに
いくら困った状況になっているからといって怒りに任せて言葉を荒げたり、押し黙って沈黙してしまうようではその会社の戦力とは認められません。会社にとっても、勿論お客様にとってもいい話に繋げれるような展開に持って行く事を考えるべきです。それも明るく。例え、その場で即、解決できなかったとしても貴方の誠意は伝わるでしょう。きっと明日へのチャンスが生まれるはずです。

さいごに

いかがだったでしょうか?面接を突破する秘訣として

・未来を見せる
・笑顔
・演出する

という3点を紹介致しました。

面接は企業にとって直接面談してその人のヒトとナリを手際よく見れる最強の試験です。よって就職希望者側の一人舞台で終わるような展開になったりしたら、それは良くない、つまり不採用になってしまう面接と言えるでしょう。勿論、最終的には双方がいい笑顔で雑談などで締めくくれる展開に持っていければ言うことはありません。振り出しに戻ってしまうかもしれませんが「面接において絶対に勝てる」なんていうテクニックは残念ながらありません。最終的には貴方の人間力だけが頼みの綱となるのです。








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

圧迫面接をする企業の対処法【面接官の質問の意図を読み取れ】

面接というのは会社側と応募者側のお見合いのようなものです。本来ならばいい雰囲気で …

転職・就職活動で成功するための面接のコツ 6つのポイントまとめ

採用されるためには面接で如何に好印象を与えることができるかが就職・転職を成功させ …