転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

結婚に左右されるアラフォー女性の転職市場【40代の女性の転職】

      2015/06/08

女性の転職市場もひと頃に較べれば募集案件も募集数も格段に良好な状況に変わってきつつあります。ただ、正社員として働いている女性が新たに転職という道を進むのは少々、勇気のいる行動のようです。女性の転職市場は今も昔も非正規雇用(パートや派遣社員)としての市況が多いようです。これは女性自らのライフスタイルに左右される傾向が強いからだ、と私は考えます。

では、女性にとっての転職とはどういう部分が重要になるのでしょうか?

新卒から29歳前後

今の時代において働く女性の姿というのは極々、普通の姿として受け取られています。昭和の時代までの風潮である「結婚までの腰掛」という発想はとっくに吹っ飛んでいます。なのでこの年代の女性たちが考える転職という問題については、それほど気にする程ではないというのが妥当なところでしょう。

多くの女性達は実家から職場に通います。日々の家賃や光熱費の支払い、食費の負担などはほとんど心配しなくていい状況のはずです。俗に世間的にはパラサイトと呼ぶ嫌いもあるかもわかりませんが、別にいいことだと思いますね。人生を振り返ってみると実はこの時期が最も貯蓄に回せる余裕のある時期なのです。

何せ、稼いできた給料のうちの半分以上は使おうと思えばいくらでも自由に使えます。いくらかは家への仕送りとして支払うとしても家賃も食費もかからないのです。ある意味お金に最も困らない時期なので心に余裕もあります。

なので取り敢えず不満ではないくらいの収入がある方ならばこの時期に焦って転職しようなどと考える方は少ないでしょう。ただ、最初にはいった会社が全く自分の思っていた内容と異なりすぎていたとすれば話は別です。

20代での転職は最も成功率の高くなる時期です。分不相応すぎる会社でなければ大方、自分の狙っている所へ行けるのではないでしょうか?ましてや今の時代、女性たちにとってもこの年代はまだまだ、結婚に対して現実味がありません。これだけ仕事をすることが定着してくれば女性だけがこの一番面白い時期に社会の第一線から退くのには勇気がいるし不公平感を感じることでしょう。

結婚なんてまだまだ先の話。今は仕事が楽しくて仕方ない、と実感されている方も多いことと思います。なので、この第二新卒にあたる23から25歳あたりの転職は女性にとっては最も成功率が上がる時です。広告をよくチェックしていけば結構、条件のいいところにヒットする可能性がたかいです。

就活で思うような成果を出せなかったとしてもこの第二新卒の時に巻き返せる可能性もあります。なので、イヤイヤ入った初めての会社での業務を嫌がらずに真摯にキチッとやっていれば、その働きぶりがきっと次の会社でも生きてくるという事を心に刻んでおきましょう。

アラサーからアラフォー世代へと

さて女性にとっては人生の曲がり角に差し掛かってくるのがこの年代からです。女性は周りと自分を比較したがります。あれだけ仕事が楽しかったはずの会社もふと気がつくと結婚して退職していく同僚たちが出始めます。

この辺りからぼちぼち自分の人生について考えざるをえないようになります。つまり結婚して家庭に入り社会との関わりを一旦、断つか。それともこのまま会社に残りキャリアを積み重ねていくか。会社内での自分の立ち位置がしっかり確立されている人ならまだいいです。しかし、ほとんどの方は会社の人事移動の対象です。

ある時に突然、遠隔地への移動を申し付けられたり全然、希望しない部署への移動を受け入れなければならなくなるかもしれません。組織の若返りの波には抗えません。甘んじて人事を受け入れるか、それとも思い切って転職の道を選ぶか。

しかし、この年代から一気に転職市況も冷え込みます。今の日本の社会が女性に対して求めているものが何だったのかが分かってしまうような現実を見せつけられてしまいます。それなら売り時の時にさっさと結婚でもすればよかったと後悔される方も多いかもしれません。

パート、派遣社員は好調

正社員でなくともいいとおっしゃる方にはパートや派遣社員としての転職は比較的豊富です。しかしながら生活をしていくにおいてはやはり安定感がありません。それにいつ、雇用契約を打ち切られるか分かりません。常にその不安と戦っていかなければなりません。パートや派遣社員での仕事は空き時間を活用する主婦の方にとっては申し分のない働き方です。しかし、生活の糧にしようとするのならあまりにも頼り甲斐がありません。

参考:女性に人気の高い事務職に求められる人材・スキルとは

いかがでしょうか。少々、悲観的な結論じみてしまいましたが。

日本の女性を取り巻く転職環境はまだまだ恵まれたものではありません。恐らく、今後10年、20年とスパンをたどっていけば社会情勢もガラッと変わり女性の社会での活躍度は大きく様変わりしているかも知れません。今はその過渡期に当たっているのかもしれません。

もしかしたら10年先は男と女の立場が180度変わってしまう世の中になっているかもしれません。つまり女性が一家の稼ぎ頭となり男側は家で家事をやる。そういう転換が起こらないとは誰も言い切れないでしょう。これまで女性の社会進出を阻んできた結婚。この制度が破綻してしまい全く姿形の違うものになっている可能性もある訳です。

ただ、今はまだそういう時代ではありません。結婚が女性の仕事に及ぼす影響は多大です。共働き夫婦となって社会との縁を切らないようにしようと思えば夫からの理解は必要です。もし、赤ちゃんができれば当分は社会復帰は諦めねばなりません。しかし、本来ならば子供が生まれるという事は大変、喜ばしい事です。それが女性にとっての幸せと世の中は見ています。

仕事を取るか、家庭を取るか。両立させる道はないのか?女性にとっての転職は男のように簡単に運ばないものといえるようです。








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

専業主婦からの再就職する方法【ブランクをブランクとして受け取られない準備】

景気の低迷によって給与水準もどんどん下がっています。そのため二馬力で家計を支えよ …

女性に人気の高い事務職に求められる人材・スキルとは【事務職に採用されるコツ】

日中は室内でまったりとパソコンで仕事をして、お財布をもってランチに。昼下がりには …