転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

転職活動を始めようと思ったらまず何をするべきか

   

様々な思いや葛藤を乗り越えてここに転職をするという気持ちが固まった事を前提にして考えていきたいと思います。やはり転職をするべきか、やめておくべきか、という問題が最も大きな心のつっかえになると思いますので。

転職活動のスタート

では、転職をやると決めたからにはどのようなスタートを切っていけばよいのでしょう。

まず、真っ先にやる事は自分が目指したい業種や業界の求人情報や業界研究などでしょう。何故、その会社に入りたいと思ったのか?どうしてこの業界に興味があるのか?この「何故?」をとことん突き詰めていって下さい。転職理由で最も多い理由は現状の収入面での不満だと思いますが、いったいいくらくらいあればいいのか?本当に次の所へ入れたならいきなり望むような収入が手に入るのか?

この「何故?」を誰が聞いてきても納得のいく形で説明できるのなら貴方の転職の取っ掛かりは間違っていないと第一段階では言えそうです。

直筆の応募書類を用意

さて、それ以外でやって置くべきことは応募書類の作成なんですが、最近はネットによるウエブ応募が主流になりつつある感もあるんですが、やはりここは直筆の履歴書を沢山、用意しておきましょう。

会社によっては相変わらず履歴書と職務経歴書送って来て下さいという形式から始まる所が多いと思います。いざとなってバタバタと慌てずに済むようにベースの部分となる所くらいは書いておきましょう。自分の学歴や職歴に関してはどこの会社に応募するにしても共通でしょうから書いておいて損はありません。志望理由や自己ピーアールなどは応募する会社によって中身が変わるでしょうからつどつど、書いていきましょう。

履歴書に使う写真も多めに用意しておきましょう。転職活動が自分の意に反して長期化する事もあり得ます。応募するたびにいちいち撮りに行っていたのでは効率が悪いので。

あと、郵送する際に使用する封筒も多めに持っておきましょう。センスの良い感じをアピールするのならクリヤーファイルで応募書類をまとめて入れておいて一緒に送っても良いです。この場合は当然、大きめの封筒が必要となります。応募書類面はざっとこんなものでしょう。

面接の日程

次に綿密に練っておかなけれなならないのは面接の日程です。特に在職しながらの転職活動はここのところを綿密の上にも綿密に計画しなければなりません。

面接の連絡を受け取れば嬉しさのあまり、現状の自分の勤務シフトが頭から飛んでしまう人もいないとは限りません。せっかくもらったチャンスを自分の緻密さの無さで台無しにしてしまう訳にはいきません。かといって現状の職場の仕事は最優先にすべき事です。

どちらをどういう具合で調整するか。貴方のスケジュール管理能力が問われます。双方に迷惑がかからないよう、また自分の転職活動が今の会社に知られないいうに慎重に行わなければなりません。

なお、前後しましたが在職しながらの転職活動を行うのなら有給休暇等を上手に使ってスマートにやりたいものです。また、極秘で動くのであれば社内の上司は勿論、同僚にも口をつぐんでいた方がなにかと行動しやすいでしょう。下手に喋ってしまったらあっという間に社内中に話しが広まり大層、肩身の狭い思いになるのは必至でしょうから。

同時進行ともなるのが自分が行きたい、入りたいと強く思う会社の選択です。この作業は転職者が味わえる楽しみの時間の一つでもあります。若年層の転職活動者ならそれこそ引く手数多の状況になるのではないでしょうか?自分の能力に対してこれほどの引き合いがあるのかと錯覚できる時です。

ただ、中高年者となるとそうもいきません。いくら景気動向が一頃より良くなったとはいえ中高年を取り巻く環境はそう容易く好天はしません。出来たら中高年者の転職は知り合いの紹介やツテを利用しての転職の方がまとまる確率は高いでしょう。変な冒険はせずに無難な移り方をお勧めします。

参考:中高年者の面接での注意点【中高年者が転職を成功させるために】

一方、若年層の方達の方ですが行きたい会社を選ぶ際、今までと同じ業種の方が何かと入ってからの気苦労は少なくて済みます。しかし、そも業界に見切りをつけたいと思われるのならせめて同じ職種の中から選んでいった方が書類選考においては通過しやすいと思います。

即戦力をアピールする

受け入れる会社側にとってはなるべく教育に手のかからない即戦力型がいいに決まっています。同業種の取り扱い品目も同じようなものを取り扱っている会社なら入ってからの仕事の進み具合が明らかに早いでしょう。企業が求める即戦力型の転職パターンにはまった方が双方にとってメリットが大きくなります。

最後になりますがもし、貴方が家庭を持っている身なのであれば奥さんに、独身者ならばお父さんかお母さんにきちんと報告しておきましょう。こういったケジメをしっかりつけれるからこそ転職も周りからの協力を得れてスムーズに運びます。人生を左右する転職になるかもしれないのです。独りよがり行動は慎みましょう。








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

面接対策③【面接での正しい話し方をするために意識すべき2つのポイント】

前回の「面接対策①【面接の心構え】」に続き、今回も面接対策の準備をしましょう。今 …

面接や履歴書等での長所の伝え方

面接や応募書類の中で自身の長所や短所を伝える場面があります。最近では中途採用者の …