転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

中高年者の転職サイトの使い方のコツ

      2015/02/19

パソコンが当たり前の存在となってからは様々な事が格段に便利になりました。

転職に関わる様々なアクションについてもそれは言えます。

以前は紙の媒体が圧倒的でした。新聞、求人雑誌、チラシ広告など。転職を考える人は何がしかのこういった媒体のお世話になりました。

ところがネットというものが一般化した現在においては転職に関わる様々なメインアイテムはネットが主流となっています。これは至極、当然の流れでしょう。パソコンという便利な現代の利器を使えば求人情報は自宅の自室にいながら限りなく手に入れられますし履歴書や職務経歴書もそれぞれのサイト内での応募フォームを使えば簡単に作成できます。

応募もクリック一つでバッチリできます。これまでの手書きの履歴書や職務経歴書を作る作業的手間やそれにかかっていた作業時間を大幅に短縮させてくれるようになりました。応募も簡単です。クリック一つでできるのですからこれまでのように郵便局へ行って余計な切手代や速達の手間なども省かれましたー利用する者にとっては誠に便利なシステムです。

サイト自体も大手を含めて10以上もの中から自由に選べます。それぞれのサイトには特色もありますが、大方は大同小異、自分の好みと探している志望先とが一致するところを選べば良いのですから何も難しい事はありません。各サイトによっては掲載している求人企業に多少の色合いの違いはあります。大手企業を豊富に扱っているところ、ニッチな会社も探せるところ、営業が強いところ。高収入の求人が多いところなど様々です。

求人サイトを実際に利用してみる

さて、実際に利用してみるとなるとまず、やらなければならないのが自己の身上書作りです。希望職種、志望理由、自己PR、長所、短所、退職理由、応募動機、会社に入って何ができるかなどここを注意深く慎重にかつ精密に書いていかなければなりません。

でないと、自分にとっての最適な職種や志望先がピックアップされずずれた選択先が希望先となってサイトに登録されてしまいます。ゆうならばここは志望動機のオンパレードです。自分にとって欠かすことのできない真剣な情報を登録させましょう。

そうすることによって自分が本当に行きたいと願う志望先の会社リストを提示させることができます。ここから転職サイトの厖大な求職情報を活用していきます。

中高年者の年齢の壁

ただ、中高年者が活用するとなるとどうしてもネックとなってくるのが年齢の壁です。

多くの求人先企業ははっきりと年齢制限の表記はしていませんが、その求めている職務の性質上、どうしても年齢の上限を見えないところで設定しています。以前の紙媒体時はあからさまに28歳までとか32歳までなどの年齢条項を付けていました。

それでは中高年者にとってはそういった事からはなから諦めざるを得ない状況に最初から陥っているのでしょうか?

いえいえ、そんな事はありません。確かに求人先企業によっては具体的な年齢制限の線引きをしているところもあると思いますが、そういった線引きをあまりせずに広い年代層から人材を集めようとする所もたくさんあります。だから、自分が中高年者だからといって諦める必要は全くないのです。

求人サイト利用のコツ 徹底的に応募する

とにかく自分の事を登録し終えたら徹底的に応募しましょう。

一社や二社応募した程度で満足していてはいけません。十社でも二十社でも少しくらいの希望と違っていても構わないのでとにかく応募しまくって下さい。

何故、そこまで数にこだわるかというと、転職サイトを利用している人の規模がこれまでの紙媒体でのそれとは雲泥の差があるからです。特に人気企業などに対しては万単位の応募がある事も否定できません。こんな状況になってまえばどう考えても中高年者にとっては不利です。なのでとにかく書類審査がパスできるよう出して出して出しまくるのです。(参考:中高年者の転職サイトの利用の仕方【年齢制限を気にせずとにかく応募するのが成功へのコツ】)

転職サイトの特性を理解する

こんな事をお願いするのは別に貴方が中高年者だから不利なんですよと煽っているわけではありません。転職サイトという特性上の問題です。先にも触れましたが利用者が圧倒的に多いからです。なまじな数を応募したくらいではなかなかヒットしないのです。一ヶ月かけて100社以上応募したとしても全くヒットしてこない可能性もあります。

なので転職サイトとは所詮そんなもの、という感じ程度に利用したほうがいいかも分かりません。なまじ便利な物には必要以上の競争相手が生まれます。その中には貴方のような中高年者もいればバリバリの若手も混じっています。無駄な戦いに時間と労力をつぎ込むのは効率が悪いだけだけでしょう。

転職サイトは確かに便利です。なので情報集めや急ぎの応募などには利用すれば良いと思います。でもメインの転職活動アイテムにするにはちょっと労力と成果の差が反比例しているかもしれません。中高年者の転職活動はこれまでのように新聞やハローワークといったアナログな動きも決して裏切らないかも分かりませんよ。

情報は幅広くできるだけ広範囲から探していったほうがいい結果を生みやすいと信じています。

登録しておくべき主要な転職サイトの紹介

転職サイトごとに取り扱っている求人、特性も違います。中高年者の方はできるだけ多くの転職サイトに登録し、数多く応募するというのも有効な戦略です。

転職サイトの数はかなり多いですが、まずは人気の高い以下の大手求人サイトから始めることをおすすめします。

リクナビNEXT
転職成功者の8割がこのサイトを利用している大手求人サイトです。特にスカウト機能は充実しており、自己のWEB履歴書を登録しておくことで企業側からのオファーを待つことができます。まずはスカウト登録だけでもしておくといいでしょう。

キャリコネ転職サービス
情報ツール用として登録しておきたい求人サイトです。全国の企業の口コミを見ることができ、ブラック企業対策にも最適です。また、実際に面接を受けた人の体験談を見ることができます。面接官から受けた印象的な質問とその回答やアドバイス等が掲載されており、面接対策にも役立つサイトです。

DODA
非公開求人を中心に取り扱っています。他の転職サイトにはない求人情報が掲載されてる可能性が高く、押さえておきたいサイトです。








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

転職者向け合同企業説明会の利用の仕方【中高年者は利用すべきか】

合同企業説明会は今や定期的に様々な運営元が趣向を変えながら開催されています。中高 …

中高年者の面接での注意点【中高年者が転職を成功させるために】

中高年の方たちの転職は若い世代と違い確固とした実績やノウハウ、スキルを兼ね備えて …