転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

転職活動中の中高年者の進むべき道【辞めないという選択】

      2015/06/26

アベノミクスの成果により大手企業を中心に日本の産業構造は再び活気を取り戻した感があります。

しかし、あくまでそれは一部上場しているような大手企業の話であり多くの中小企業にとってはいつまた第二第三の試練がやってくるか予断を許しません。ましてや消費税の引き上げにより景気の動向は停滞ムードが蔓延しております。なので一部の錯覚で全体の判断を誤ると手痛い思いを受ける可能性が相変わらず潜んでいます。

という事は中高年者層にとっての転職行為は相変わらず先行き不透明感が覆らないという事になるでしょう。

中高年者の求人動向について

今現在のスパンのみで見てみると求人動向はかなり改善されています。これまで採用に見向きもしていなかった企業もこぞって人手を補充しようとする動きに傾いています。その流れの恩恵を被ればあながち中高年者層であってもおこぼれ頂戴の形で思いもよらなかったような優良企業に転職できるかもしれません。

しかし、やはりそういう流れはいつまでも続かないでしょう。どこの企業も本当に欲しい年代層は20代がメインです。いくら年齢的に考慮したとしても33歳くらいが一つのラインです。そういう状況のところに40代の人が若い人たちと横一線になって競争しようとしても苦戦は必至です。

参考:本当に苦しい中高年(30代後半~40代)の再就職【若い人を採用したがる理由】

30代の平均年収について

それと現在の平均年収なんですが、32、3歳の頃でおよそ430万円程だそうです。もちろん業界、業種によっては金額の差は上にも下にも変わってくるでしょう。中にはその年代で早々と年収1000万円の大台に乗せている人もいるでしょうし逆に契約社員という雇用形態ゆえに年収300万円程度で頑張っておられる方も多いのではないでしょうか。

と、なりますともし今現在で平均的な430万円位の年収を何とか手にした生活を送っておられる中高年者の方たちは、無謀な転職は絶対避けるべきだと断言したいのです。今、勤めておられる会社が例え、ブラック系の会社であったとしても。

ブラック企業を辞めないことについて

世によく登場するブラック企業でありますが、私自身肯定は決して致しませんが、真っ向から否定する事も出来ないわけです。と言いますのは、非営利団体や行政職の実行組織でない限り、企業は売り上げを上げ、利益を残していかないと倒産してしまうのです。それはホワイト企業であってもブラック企業であっても同様です。

何の苦労や工夫もなしで儲かるほど世の中は甘くありません。そんな事はほとんどの働く人達にはとっくに分かりきっている事です。企業はいかにして利益を出し儲けを生み出すか。経営者も社長も日夜、考えに考え抜いております。その結果が一部の企業に集中して新聞やテレビのニュースで取り上げられ騒がれているだけです。本当はもっともっと恐ろしく多い数の会社が限りなくブラックに近い立場なのです。

なので働く私達はもっと状況を把握し賢く行動しましょう。平均年収並みの給与を手にしているのならなにも焦ったり悩んだりする必要もありません。例え、今の会社にいろいろな不満があったとしてもそれでいいんです。不満なき働き場などあるはずがありません。不満の種は仕事の中にあるのでなく組織を構成する人間のエゴの中にあるのであり、引いては貴方自身の考え方が最大の不満分子であるかも分からないからです。

給料の不満を解消してもまた別の不満が出てくる

ちなみに嘘だと思うのなら思い切って転職してみてください。かなり、無責任な提案かもしれませんね。そして、日頃の不満を解消できる新天地に行ってください。そんな所に今更、採用される訳がないと一刀両断にされるのならその時点で自分の至らない部分を認めたということでしょう。

仮に現状の不満点、給料の額としましょうか?それを解消できそうな所へ入れたとします。大抵の転職時での不満点は給与面だと思いますので。

しかしながら。お金が不満で入った所というのは大抵、別の新たな不満に出くわすのです。それまで考えつきもしなっかったような事で。多くの場合は人間関係です。

別に貴方に協調性が欠けているわけでもありません。組織内において劣った人間でもありません。なのに、新しい組織で今までのように動けなくなるのです。

そうです。嫉妬という厄介なものに苛まされるのです。中高年での転職には若かった時の感覚では想像もつかないような車内の人間関係に巻き込まれるのです。貴方に実力があればあるほど足を引っ張られる可能性は高くなります。

転職活動中の中高年者の進むべき道 まとめ

結局、どんな新天地に行っても三年が一つの試金石となるでしょう。古株の先輩社員たちも3年間、一緒に仕事をすれば貴方が害悪をばら撒く人物ではないと悟ってくれます。そういう意味では人間というのは何百年たっても治らないところはとことん治らないようです。

どうでしょう?今いるところがブラック系であったとしても命まで取られそうじゃない会社だと思うのであれば踏みとどまって天命を待つ心境でそこで辛抱してみてもいいのではないでしょうか?転職自体を決して否定はしませんが一つの所で5年、10年とやり続ける働きっぷりも非常に輝かしいものです。

とは言いながら、何を隠そう私も40代で10回以上転職をしています。

参考サイト:40代で10回転職を成功させた男の体験記録

自分が四十路に差し掛かった時、自分にとって賢い選択をしたいものです。








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

中高年者向きの業界・職種 営業職の適性について その1

営業系の求人は現在、最も数的に多い職種でしょう。企業が企業として成り立っていくた …

中高年者の転職のコツ【できるだけ多くの企業に応募していこう】

中高年者が応募書類を出すためにはどういった企業に狙いを絞るか。ある程度のターゲッ …