転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

何度も転職を繰り返してしまう人へ【原因と対策】

      2015/06/15

人が一生においてする転職の好ましい回数は3回くらいが妥当だそうです。

けれど一度しかない自分の人生です。納得のいかない職場で不満タラタラで毎日を過ごすのなら早目に決断してサッサと新しいところへ転職するのも一つの生き方だと思います。

でも、洋の東西を問わず定職に長続きしない人は大抵、いい評価はもらえないようです。

我慢が足りないだとか、根性がないとか、社会人失格だとか。そんな事は周りから言われなくても当の本人が一番分かっているのです。でも、どうしても駄目なのです。せっかく新しいところへ就職できたのに、ものの一年も経たないうちにそこを離れたくなるのです。

何が原因なのでしょう?景気のいい時ならば仕事もそれなりにあり。転職にも困らないでしょうがひとたび不景気になるとそう簡単には好景気には戻りません。仕事を探すのも大変なはずです。原因をじっくり考えてみるといくつか思い当たることがあるようです。

自分に向いている職業を真剣に考えた事があるか

多くの人は大学を普通に卒業しひとかどの就職活動を行い、本位、不本意別にしてどかの会社に就職が決まり社会人となっていきます。一応、世の中のレールに乗れた訳で給料をもらって生活できる身分になれたことに安堵の表情を浮かべます。

しかし、数年もたてばその気持ちも褪せて行き遣る瀬無い気持ちでいっぱいになります。それは自分がやりたいと思っていた進路とは遠くかけ離れた事をやっていた自分自身に対する怒りと何故、もっと真剣に早くから自分に向いた仕事を考えなかったのかという軽蔑の念です。

つまり周りの流れに同調してしまいそこそこの会社に勤めている事が世間体も悪くないし親からもうるさく言われなくても済む。楽だ、という発想がその場を支配してしまったからです。実は自分自身に向いている仕事というのは分かっていたのです。それを、安易な考えでその場をしのいでしまったために数年経ってからぶり返してきてしまっただけの事なのです。

結局、気持ちの問題?まずは行動すべき

ならば、悶々とした日々を送る必要はありません。スパッと行動する事です。

悶々とできるという事は今の自分自身を客観的に見つめれている証拠です。何かに向かって自分の持っているエネルギーをぶつける気になったのなら遠慮なく動けばよいだけです。

第一、こんな気分のままで生活を送っていても何一ついいことなんてありません。

感謝する気持ちにもなれないし、感動やときめきもありません。人間として死んでいるような状態です。転職する事によって一時的にでも気持ちが前向きに復活するのなら万々歳です。

ところが、それでもまたある時期が来るとその職場が続かなくなる場合もあります。ここまでくると志望動機ややりたい事云々の話ではなくなってくるようです。自身の性格も含めて何か問題が潜んでいるようです。

自尊心、プライド、譲れない心

はっきり言ってこの話は私自身の体験記です。三十代の頃まではわりかしずっと同じところで頑張ってこられたのですが四十代になってから歯止めが効かないくらい転職を繰り返してしまいました。四十代の時は都合、10回程、転職してます。今、思えばよくそんなに動く気力も体力もあったなと思います。本当に馬鹿な奴です。私が40代で10回も転職したことについては以下のサイトに書いています。

40代で10回転職を成功させた男の体験記録 ~中高年者の転職成功のコツ~

じゃあ、一体原因は何だったのか?考えるに自分に向いていたと思われた仕事が結局、ミスマッチだった事。それと、自分自身のプライド高い性格でしょう。それまで店舗での接客業を中心にやっておりました。対面販売の形式が自分には合っていたのか約10年間、その業界で頑張ってました。(ちなみにその業界とはペット業界です。)

そこを自己都合退職したのが丁度、四十歳の時。ここからの十年間が馬鹿をやってしまった時です。

ここではその時の詳細は省きます。何度も何度も何故、入っては辞めるの繰り返しになってしまったのか?恐らく、自分自身が組織の中でいい意味での「馬鹿」を演じきれなかったからでしょう。

「馬鹿になれ」というのは何も本当にそうなれという意味ではありません。対人関係で自分を馬鹿にみせる演技をやって先輩や上司に気に入ってもらい組織に上手に浸透するという意味合いです。例え新人とはいえ、私は当時は中高年者層です。私の年齢より下の上司や同僚がゴロゴロいます。彼らから見ても私のような存在は厄介な人だと思うでしょう。

だから、自分の方から腰を低くして愛嬌を振りまいて接触しに行くのです。分からないことを教えてもらいに行くのです。人からモノを聞かれたり教えてくださいと言われて悪い気がする人はあまりいないでしょう。このノリをずっと続けさえすれば新しい会社でも比較的スムーズに溶け込めるのです。

要するにこの方法を継続して行えなかったという事が転職の原因でもあったのです。プライドや自我を抑えて我慢する事は人によっては苦痛でしょう。我慢しすぎると病気になるかも知れません。でも、生活がかかった働き場所においては本来、御法度な事とも言えるでしょう。

何を持って自分の糧とするか? それはあなた自身が決めるしかありません。

あなたが納得のいく職場に出会うまでとにかく行動

転職の回数を重ねることは確かにそれほどいいことではないかもしれません。

ただ、自分の納得のいかない職場でずっと我慢して働き続けるというのも意味のないことでしょう。

転職を繰り返してしまうのであれば、自分が納得がいくまでいい会社を探してみるのもいいでしょう。今では、求人サイトを使えば働きながらでも転職活動ができますし、スカウト機能を使えば、レジュメ登録をしておくだけで企業からのオファーを待つことができます。

以下、おすすめの大手求人サイトを紹介しておきます。

リクナビNEXT
転職成功者の8割がこのサイトを利用している大手求人サイトです。特にスカウト機能は充実しており、自己のWEB履歴書を登録しておくことで企業側からのオファーを待つことができます。まずはスカウト登録だけでもしておくといいでしょう。

キャリコネ転職サービス
情報ツール用として登録しておきたい求人サイトです。全国の企業の口コミを見ることができ、ブラック企業対策にも最適です。また、実際に面接を受けた人の体験談を見ることができます。面接官から受けた印象的な質問とその回答やアドバイス等が掲載されており、面接対策にも役立つサイトです。

DODA
非公開求人を中心に取り扱っています。他の転職サイトにはない求人情報が掲載されてる可能性が高く、押さえておきたいサイトです。

特にリクナビNEXTはスカウト機能が充実しており、働きながら次の職を探すのに役立ちます。ご活用ください。








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

関連記事はありませんでした