転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

転職成功のための自己ピーアールの書き方・方法について

      2015/05/27

面接においても履歴書に書くときにでも、自己ピーアールというのはどう書いたり発言したらいいのか難しいものです。

転職マニュアル本の例文そのままではまずい

よく転職マニュアル本などにはこれさえ言っておけば採用間違いなしと思わせてくれるような名文言がありますがそれをそっくりそのまま実際の面接に使ったりしたならば、やはり具合が悪いでしょう。相手は数え切れないくらいの面接の数をこなしてきている採用のプロです。自分の言葉で言っているのかどこかから借りてきた言葉をそのまま使っているのか、たちどころに見分けてしまいます。

初めての就活に臨む学生さんならまだ多少の紋切り型であっても後がまだまだあるので失敗は許されます。その失敗を糧にして修正すれば大丈夫です。しかし、もう後がないような立場の人であるならばこんなところで初歩的な失敗など許されません。

第一、転職者が自分自身の長所・短所を端的に言えないようでは面接の場でそれ以外の質問のやりとりについて行けなくなるでしょう。自分自身の事を客観的に分析しそれを踏まえた自己ピーアールの一つや二つくらいキチンと言えるようにしておかないとあっという間に面接の時間は短縮されてしまいます。

熱意のある自分の言葉を考える

転職活動中の皆さんにとって入りたい会社とは恋人になって下さいと女性に告白するのと同じくらいの真剣なもののはずです。貴方からの気迫あふれる誠意と気持ちが伝わってこないと相手の心は動きません。

なので転職マニュアル本に載っているような名言、金言の類は一切頭から切り離しましょう。そして自分の言葉使ってその会社に何としてでも入りたいんだという熱意ある言葉を考え出しましょう。と、言いますのも私自身もかつて同じような失敗を何度もやったからです。履歴書の志望動機欄や自己ピーアール欄などに決まりきった定番の文言をオンパレードさでていました。

「貴社の将来性に魅かれました」とか「貴社の業務内容が私のやりたい事と一致しましたので」などなど。どれもこれもどこかで聞いた事のあるような文言ばかりですよね?こんな文言は企業側の担当者は五万と聞かされています。採用される可能性などこれっぽっちもあるようには思えませんよね?

採用される自己ピーアールの方法とは

では、一体どのようなものを使えば採用される決定打になるのでしょうか?

その為にはまず自分の人生をよく振り返って精密に吟味しましょう。人間っていうのは他人の性格や癖などはよく見えているのに自分の事となるとまるで分かっていないケースが多いものです。過去の仕事での思い出に残っている事や印象深かった事を思い出してみましょう。いい話ばかりでなくてもいいです。逆に悪い話や失敗談の方が客観的に自分の性格や行動様式を知るヒントになります。

参考:失敗経験こそ自己PRの好材料【職歴の効果的なアピール方法】

まず、過去の仕事っぷりの中で面白かったこと、楽しかったことを一つ一つ思い出してみましょう。初めの頃は右も左も分からずてんてこ舞いだったはずです。分からなかった事を先輩や上司に尋ねていたはずです。その時の受け答え、コミュニケーションの取り方について注意を受けたりした事はありませんでしたか?それに対してどのような返答をしましたか?そに時の気分はどうでしたか?

素直な気持ちの自分。教えて頂けて感謝の気持ちを持っていた自分。逆に聞き方がなってないなどと注意を受けてカッときてしまった自分。そういった何気ない事をどんどんデータとして溜めていきましょう。

初めての取り引きで商談をした時の気持ち。お得意様に聞いてもらうためにいろいろ情報を集めていた自分。何でもいいです。その時の気持ちを振り返って自分の持ち味を分析しましょう。

お客様にも上司に対してもおおらかな気持ちで接していた。初めての商談ではその時は注文を取れなかったがそのお客様とより距離が近くなり後日になって初注文をもらえた。クレームを起こしてしまい全く自分一人でできなかった。上司に対してタイムリーに報告や相談を行い上下の関係が円滑だった。など。様々な事象を客観的に第三者の目になって自分の持ち味を分析していきましょう。

こうすることによって今までぼんやりとしていた自分自身の性格や癖などが見えてくるようになります。長所も短所もおぼろげながらでもちゃんと掴めるようになってきたらしめたものです。この分析した内容を面接や履歴書で使いましょう。自分の事を理路整然と客観的に見れる人はいざという時が来ても泰然としていられますし側から見ても心強い限りです。

自分のアピールをする際には性格面を言い表す具体的な事例を一緒に挙げ説明すれば相手に伝わるインパクト度はよりアップします。

これがマニュアル本には載っていないあなただけのオリジナルな自己アピールの金言なのです。これをその会社会社に応じて使い分けていけばいいのですがベースになる部分はあまり大きく変える必要もないでしょう。どんな会社であってもそこでの仕事を優先してやる事に変わりはありません。あなたの自己アピールは例え営業系であっても販売系であってもサービス系であったとしても信念さえ変わっていなければちゃんと伝わるはずです。

あなたの持ち味が正しくまっすぐに伝わることを願っております。








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

転職活動には計画が重要

今の厳しい転職市場では仕事に取り組むと同様の姿勢が求められます。 例えば最初に取 …

面接や履歴書等での長所の伝え方

面接や応募書類の中で自身の長所や短所を伝える場面があります。最近では中途採用者の …