転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

就職活動で絶対にやってはいけない注意事項【面接の無断欠席について】

      2015/01/11

あるネット媒体の記事読んだのですが、そこには驚くべき記事が載っていました。

就活生の中に企業の説明会、面接を無断で欠席する人がいる。

と言うことです。ちょっと信じられない思いがしました。

面接を無断欠席するリスク

確かに一時は超就職氷河期の時代で何十社、何百社応募しても書類選考すら通過できないというのが日常茶飯事でした。学生側の苦労、辛苦は同じ時代を生きている1人の人間としても身につまされる不合理、不公平を感じずには入られませんでした。だから、と言ってその仕返しでもないと思うのですが、企業の説明会や面接を無断で一方的に欠席するなどという行為はやってはいけない事です。

無断欠席をした人達は既に2、3社の内定を受け取っている者たちだとか。それならばきちんと相手企業に対して連絡を入れるのが筋ではないですか?こんな基本的で初歩的な事すら実行できないようでは実際に社会人になってからが心配でたまりません。

就活状況は一時の買い手市場から売り手市場へと急転回しました。各企業は一頃のリストラ等の経費削減により不足してきた人員補充を行わなければなりません。採用計画のもと、大きな経費を使って人材募集を行っています。企業にとって人は重要な経営資源です。人無しに正常な企業活動はあり得ません。

だから、各企業は血眼になって優秀な人材を確保しようと躍起になっています。確かに企業側の論理によって学生側は不利益を被りました。それをちょっと景気が回復気味だからといっていまさら何事もなかったかのように採用活動に精を出し、人の補充を企てる様は節操がない、と思われる学生さん達もいると思います。

しかしですよ、だからといって純然たる約束違反を堂々とやっていいという理屈はありません。第一、今回無断欠席した人たちの名前も学校名も企業側は分かっているはずです。

これで全ての縁が切れるというものではありませんよ。世間を舐めてはいけません。こういう行為を行うものには巡り巡ってやがて自分の身に降りかかってくるようになっているのです。内定をもらった会社に入ったとして果たして無事に定年まで居続けれるでしょうか?不義理な行いをやってしまうとそれが癖になって人間というのは繰り返し同じ過ちを行いがちです。

そんな事を何度もやっていたらそのうち自分に痛い目が来るのは明白です。因果応報とはこの事なのです。

企業側も一時、大量リストラなどを行った結果、今度は人の補充にあくせくし、無断欠席などの憂き目に合うのです。やはり自業自得です。それと似たり寄ったりの行動を就活生側がやってては同じ憂き目にあうという事ですよ。

今はそこそこ景気も持ち直して好況感を感じてらっしゃる方もいらっしゃるでしょうが、いいことがあれば次は良くないことがやってきます。絶えず繰り返しながら世の中は回ってます。一度でも人に恨みを買う行動をしてしまうとそれが永遠に付きまとって来ると覚悟しましょう。但し、それを振り切り逆にエネルギーにしてのし上がっていけるのなら話は別ですが。

ビジネスの世界では信用が第一

ここまでいろいろうるさく言ってきましたが、ビジネスの世界では信用が第一という不文律をよく頭の中にいれておいてもらいたいからです。先ほども申しました、人に恨みを買う行動。例えば納期を守れなかった、支払い代金を払わずに夜逃げした、極秘情報を上手く騙して聞き出しライバル社に売ったなど、世の中にはアンフェアな方法で生き抜いている人もいます。

ただ、こういった類いの人達は組織の中では生き抜けません。なにも寄らば大樹の陰ではないですが組織に属する事だけが最もいい生き方だとは思いません。真の実力というのは一匹狼になって初めて身につくのかもしれません。

しかし、一般的な多くの人達は大なり小なりどこかの会社という組織に所属しその一生を終えるのではないでしょうか?現代社会において一匹狼でのし上がっていくのは容易な事ではありません。絶えず緊張感の中に身をおき今日死ぬか明日死ぬかの覚悟を持たないといけないでしょう。

ちょっと話がそれてきてしまいました。

就活生にとって会社に勤めるということは一生のおよそ半分をそこにつぎ込むという事だと思います。となるとそこで生きていくために必要となるのは信用や信頼、安心感です。あの人に任せておけば大丈夫だとかあの人なら決して人を裏切らないという目に見ないその人の代名詞がその人と会社、あるいは世間とを繋ぎ止めてくれます。

なので最低限のルールというのは厳守です。相手がお客様であろうと上司であろうと同僚であろうと無断で約束を破るだとか約束した時間や場所に遅れたり行かなかったりするなんて言うのは言語道断です。社会人失格の烙印を一度でも押されたりしてしまったら挽回するチャンスはなかなか来ないですよ。長い期間、冷や飯を食べる羽目になります。

たった一本の電話を入れたら済むことです。(参考:面接・説明会で無断欠席をしてしまった時の影響とお詫びの方法)それさえ済ませておけば誠意は見せています。礼儀も守っています。たったこれだけの行動をしないがために社会人失格、ビジネスマン失格の烙印を押されてしまうのは馬鹿らしいと思いませんか?








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

面接を通過できる人の条件とは

面接というのは何回やっても上手にはなれません。初めての会社で始めて会う人。いくら …

面接試験の突破確率を上げる方法について

転職であれ新卒者の就活であれ最終的に控える入社試験の総本山は面接です。これを突破 …