介護・福祉系の求人の選考が厳しくなっている原因

相変わらず求人の数が多いのは介護・福祉系の仕事です。もう何年も人手不足の状態が続いているうえに、新しい施設もどんどん増えていて今後もこの状態は続くと思われます。

それなら就職し易いだろう、と安易に考えて応募しようとする人もいますが、残念ながら今の介護職は選考が厳しくなっています。

介護職の選考が厳しくなっているのは「介護職なら雇ってもらえるだろう」といった軽い動機で就いた人の大半が直ぐに辞めてしまうからです。実際、リーマンショック後に製造職に就いていた人が大量に介護職に転職しましたが、その大半が短期間で辞めてしまいました。この時は政府が「ぜひ介護職にチャレンジを」と宣伝をし、介護現場も「やる気があるならどんどん来て」と積極的に募集を募ったため、経験も資格も無い人が数多く介護職に就くことになったのです。その結果、たった数カ月で「やっぱり無理です」と辞める人が相次ぎ、「せっかく忙しい中指導したのに、いったい何だったのか!」という苦い想いをした施設が以後の採用基準を厳しく見直したのです。

求人票を見ても経験か資格のどちらかを求めるものが多く、まったくの未経験から転職するには難しくなっています。実務経験は無くてもせめてヘルパーの資格があれば現場実習を経験しているだろうからと見てもらえますので、本気で介護職を目指すならまずは資格の取得から始めることです。ただこの資格も「ヘルパー2級」と呼ばれていたものが「介護職員初任者研修」と名称が変わり、既定の講座時間を受講すれば取得出来たものから試験に合格しなければ取得出来ないようになっています。

また介護を目指す動機もポイントになります。「人に感謝される仕事をしたいから」ということを動機に挙げる人もいますが、現場の人からすれば「見返りを期待しているようでは務まらない」という意見もあります。

いずれにせよ介護職にはますますニーズが高まると思われますので、就き易い仕事には違いないのですが、しっかりした心持でチャレンジしてもらいたいものです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました