転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

ブラック企業に該当する会社の特徴とは その3

      2015/06/26

前回の記事「ブラック企業に該当する会社の特徴とは その2」に引き続き、今回もブラック企業に該当する会社の特徴について考えていきたいと思います。

明らかに無茶なノルマ達成を強要された時

営業職に就くものであればどんな職種であろうともノルマは死んでも離れないものです。まずそれが無いことには目標がたちませんから。いい意味でいえば「ノルマ」というのは自己に果たされた必達目標のはずなんですよね。

しかし、会社によってはそれが社員にとっての重き十字架のようになっているところも少なくありません。一昔前の「モーレツ」という言葉が世に流行っていた頃は今日一日のノルマを達成できないのなら会社に帰ってくるな、とかのものすごくスパルタで強烈な社風の会社がゴロゴロしていました。

私もそういう時代の真っ只中を生きてきた人間の一人なので最近の「ノルマ」についての重さがどのくらいなのかは判断しずらい部分もあります。

でもその当時とは社会情勢も違いますし労働に対する企業の認識度も変わってきました。過大な仕事を果たした結果、社員がノイローゼとなり自ら命を絶つなどの社会問題が表面化してきだし会社側も今までのような無法状態での運営は出来ない時代となっております。

それでもデフレ時代の悪影響で販売単価がどんどん価格競争にさらされ会社の体力が落ちてくると経営者は会社を守るためリストラの手段に打ってでるか現状の社員に過酷なノルマを果たし何とか乗り切ろうとするかの択一になるでしょう。

ただ、そういった危機感を感じさせない経営状態なのに社員を使い捨てティッシュのごとく簡単に取替えるような使い方をしているとしたならばこれは事情が違ってきます。

ノルマというのは前年比の実績に対して会社の成長度合いを見込むための目標です。前年割れの営業目標を出す会社など存在しません。数字に根拠があるのであれば何ら問題は無いわけなのですが根拠なき無謀な数字を強要されるなら一度、立ち止まって考えて見る必要があるでしょう。

有給休暇がとれない時

一日8時間労働や週40時間労働が正規に法令化された現在においては有給休暇も当然、社員に与えられた正当な権利の一つとして取得する事が当たり前となりました。

しかしながら経営者サイドはどうもこの有給休暇という制度について社員さんとの温度差があるところがあります。昭和の時代を生き抜いてきた企業戦士にとっては例え会社の規定で救急休暇が与えられていても取得するなんていう意識は全くありませんでした。自分が休んでいるうちにライバルたちが自分の牙城を脅かしてくる恐れがあったからです。また猛烈な出世競争にあけくれている状況下ではおいそれと休んでもいられないでしょう。

その状況が果たして今の時代にも残っているのか?平成生まれのフレッシマンたちがこのような状況下に身をおいて業務に励んでいるのかが評価の別れるポイントとなります。有給休暇の前に週休2日制はきちんと消化しているのでしょうか?まずはそこからが問題となるでしょう。面接時おいて週休2日制を謳っておきながら実際は休みが週に1回だけ。当然、有給も使えないとなるのなら話は別です。

ただ、1年間を通して与えられている全ての有給休暇を消化するというのはどんなものでしょう?その人がどういうポジションで仕事をしているかによってこの問題は結論が変わってきそうです。ただ、だからといって有給休暇を申請することは働く社員にとっての当然の権利なわけです。その権利の行使に対して会社側が難癖をつけて行使の妨げをするのなら話は別となりますね。

給料も立場も自分より上の人が明らかに能力が低いと感じた時

現在の厳しい状況下でこのような事が本当に実在するのでしょうか。あったとしたならばその会社の将来は途方もなく暗いものとなるのではないでしょうか。ただ、そういった事態は世間の一般民間一般企業ではなく半官半民の俗にいう天下りの受け皿となっているような組織なのではないでしょうか?

もし一般の企業でそのようなタダ飯ぐらいのような人が大きな顔をして会社に居座っているとしたならば間違いなくその会社は倒産しますよ。殊に上場している大手の企業や外資系の企業などはそんな生半可な人事を行っていたら間違いなく他社との競争に敗れてしまいます。それほど世の中の競争というのは熾烈です。まともな会社であるのならそのような機能しない組織を抱えているはずがありません。

ただ、運悪く貴方が入社した組織がそのようなところであったのなら…。とりあえずの解決策としてはしばらくじっと我慢してその人や会社側の動き方を見てみるよりないのではないでしょうか?もしかしたら組織的には利益を生み出せる希少なところかもしれません。

何事も一時の発想で結論をだしてはいけません。じっくり見なければいけない時もあります。時間に抗わない姿勢でじっくりと構えてみましょう。

以上、3つの問題点を挙げてみました。ブラック企業というところは外部から見ただけではほとんどの場合分かりません。実際に入社して働いてみないとその実態が見えないところが厄介なのです。今回ここにあげた例はほんの一例にすぎません。

入社前の会社を調べるときが唯一のチャンスなのです。極力、広範囲にネット網を広げて情報収集に励みましょう。

参考:ブラック企業の特徴・見分け方

ブラック企業対策:企業の口コミ・評判・年収情報を検索できるサイト

ブラック企業の確認方法については企業の口コミを参考にするのが最も効果的です。

キャリコネ転職サービスで全国で全国の企業の口コミ・評判・年収情報を無料で見ることができます。転職サイトとしても役立つサイトですのでご活用ください。また、企業の口コミを投稿することもできます。もしあなたがブラック企業に入っているのであれば、少しでも多くの人が同じ被害にあわないために、あなたの勤めているブラック企業の情報を口コミで投稿してください。

ブラック企業の情報を共有し、ブラック企業がこれ以上増え続けないようにしましょう。

登録は以下より
>>キャリコネ転職サービス








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

新たなブラック企業対策について その1【企業名の公表】

政府は派遣改正法の決定に向けて新たに社会問題化してきているブラック企業に対する罰 …

新たなブラック企業対策について その2【ホームページでブラック企業チェック】

前回の新たなブラック企業対策について その1【企業名の公表】に続きまして就活生た …