転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

キャリアの浅い人が転職を失敗するケースとは

   

前回の「キャリアの浅い人が転職先として避けたほうが良い中小企業」に引き続き、今回もキャリアの浅い人の転職についてお話ししたいと思います。

一般的にキャリアが浅いと判断されてしまうのは入社から3年ないし4年くらいまででしょうか。5年以上在籍すればもう立派な中堅どころです。会社の仕事も一通り経験するでしょうし5年の間に他部署に異動しているかもしれません。社内の人間関係も良好となり肝心の仕事の方も油が乗ってき出す頃です。これからがどんどん面白くなってくる頃でしょう。5年在籍すればそろそろ次のステップへの昇格・昇進なども始まりだす頃合です。

しかし3年以内とかで自己都合により退職をしてしまうケースはちょっと状況が変わってきます。つまりまだ真の仕事内容や世に中の事を正しく理解できていないケースがままあります。

自分の価値観が最優先という間違った概念の元で動いていますので得てして転職先選びにおいても失敗をしてしまいがちです。キャリアの浅い人が陥ってしまいやすい転職での失敗パターンを2つほど見ていきます。

新卒採用より中途採用に熱心な会社

キャリアの浅い転職希望者はとにかく自分の事を高く評価してくれるところを選ぼうとします。それは前職での経験が下になってしまうのですが入社して2~3年以内で転職に向かってしまう人の多くは仕事は人並み以上にできます。同期で入った何人かの同僚たちより仕事を覚えるのも早いし飲み込みも早い。結構、最初の頃は周りからチヤホヤされていたりもします。

しかしこの持ち上げられけたがよくないのです。余計なプライドがついてしまい知らず知らずのうちに最初は持っていた謙虚さや素直さがどこかへ飛んでいきます。こうなってしまうと自分の思い通りにいかなくなってきたり最初はあまり目立たなかった同期の人間に追いついてこられたりすると心の余裕を失ってしまいます。

そしてタイミング悪く仕事でミスをしたりしてしまいそれまでチヤホヤしてくれていた上司からも注意されるようになると一度に心が折れてしまいます。

つまりここを逃げて自分のことを知っていない新天地でやり直そうと。そして以前に勤めていた会社の規模が大きかったのなら雰囲気を変えてみるのりで中小企業を探してしまうようになります。

そういった心境のところに中小企業の求人広告に「即戦力求む」とか「初任給30万円以上!実力主義」などの文字を見てしまうと一変に心を動かされてしまうのです。

そういった人にとってはその会社が新卒採用をあまりしていようがしていまいが関係ありません。大いに自分の欲求を満たされて入社できるでしょう。

しかし、新卒採用が極端に少ないということはその会社に何らかの問題点があるはずです。

一般的に中途採用で採っていたほうが研修や教育訓練などに費やす費用を大きく節約することができます。しかし中途採用の者であればそう大きな規模の研修などを行うことなく戦力にすることができます。費用の面でも手間の面でも会社にとっては効率的です。

しかし、そういう状況が長く続くとやがてその会社の組織が疲弊していき、組織の活性化が後退していってしまう危険性をはらみます。組織は人が作ります。その人の新陳代謝がバランス悪くなってくると会社にとっては非常に具合が悪くなってきます。

毎年とはいわなくても新卒採用の若手は採用する必要があります。そういったところに先行投資していく体力がない会社は安定した成長ラインを築けないかもしれません。転職先として選ぶ際はその辺を考慮して選んで欲しいと思います。

職場のOJTや社員同士の交流の場がほとんどない

このケースは限りなくブラックな匂いを感じてしまいます。OJT教育が行われないということはそこまでの手間と人の手配が行き届かない。つまり日々の仕事に忙殺されていて新入社員の教育にとても手を回せれないという事の証明です。

同時に社員同士の交流の場がないのも同様です。恐らく朝から深夜近くまで働いているのでしょう。終電でやっと帰宅し、翌朝寝る暇もなくすぐに出社する。そんな生活が1年も続けば人間はどうなるでしょう。

とにかく家へ帰って早く寝たいと思うでしょう。同僚とたまには酒でも飲みながらストレス発散といきたいところですが、それすらやれる時間的余裕を会社から奪われてしまっています。会社というところは勿論、仕事をするために行きます。その対価として毎月の給料を頂くわけです。

しかし、人間適度な息抜きと休養がないと効率的で能率のよい仕事はできてこなくなります。

社員同士の交流がないということはもしかしたら会社側が故意にそういう場作りを防いでいる可能性もあります。社員同士で結束されて会社に対して物申すという事態をつくらせないためです。面接時に直接聞いてもいい返事を返してくれるかどうか微妙な問題です。

もし万が一、入社後にそういうムードの会社であることが分かったなら長居は無用かも分かりません。長時間労働と休養なしの労働は確実に貴方の心身両面の健康を損なっていきます。

しかし、どうするかはあなた自身の決断となります。

スポンサーリンク









転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

20代で転職を決意する理由 その1【もっと収入を増やしたいから】

転職というものは出来ることならしないで済むようにしたいでしょう。それが多くの人間 …

もし40代でリストラにあったら【40代での転職の方法】

アベノミクスの影響により転職市場の実情は比較的、好調なようです。だからと言ってこ …