転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

中高年者向きの業界・職種 営業職の適性について その2

      2014/11/04

「中高年者向きの業界・職種 営業職の適性について その1」に引き続き今回も営業について書きたいと思います。

転職において中高年者でも探しやすく採用されやすい職種の一つとして「営業職」を紹介します。今回は営業の中でもこれぞ「営業の仕事」という位置づけに置かれている「飛び込み営業」について触れてみます。

求人件数はいつの時代でも不変

この飛び込み営業の求人はどんなに世の中が不景気になっても堅調に存在します。裏をかえせばそれだけ仕事内容が厳しく若い人を含めてやりたがらないという現状があるからです。コピー機や太陽光発電、個人宅のリフォームなど取り扱われる品種は多岐にわたり顧客層も固定化されていません。一般家庭やあらゆる企業がターゲットになるわけですから需要と供給の関係が偏ったり崩れたりする事はありません。

しかし、先ほど申したように仕事内容は厳しいです。仕事の成果も思ったようにはいきません。よって辞職率は常に高水準で推移しているのが現状です。これらの理由により求人に関しては常に募集が掛かり続けている職種といえるのです。

飛び込み営業の仕事内容

大方の方が予想する通りとにかく数を回ります。一日100軒でも200軒でも。アポなしで行きますので会って話ができるという確約は全くありません。相手が一般家庭の方たちが対象の場合は門前払いや居留守、時には怒鳴られるなんてこともあります。アポを取って約束の時間にお客様と会って話ができるルートセールスの仕事がこの時ばかりは羨ましくてたまりません。

仕事に言ってるのに自分は何をしてるんだろう?というジレンマに必ず陥ります。それほど人から相手にされない、無視される。怪訝にされるというのは心に大きなダメージを与えてくれます。

それでも飛び込み営業の使命はどんどん回ってお話を聞いてもらえるところを探すことなのです。上司はその部分だけしか評価してくれません。男も女性も関係ありません。お話に興味を持ってもらって約束を取り付け次の機会に上司と一緒に再訪問し契約を取る。これが飛び込み営業に果たされている使命なのです。

少し整理しておきますとまず「アプローチ」を行う。そして少しでも興味を持ってもらえるところに当たったならそこで「プレゼン」を行います。最後の仕上げが上司と同行の「クロージング」。ここまでたどり着けたらやっとひとつの仕事が完結したことになります。

求人広告内容をよく確かめる

飛び込み営業の求人欄での最大のアピールポイントは高収入です。この数字を果たしてどう判断するかです。一般的にこの職種の応募ではすんなり面接までたどり着けます。あとは面接の場でいかにして掲げられている好条件の報酬につて聞きただすかです。

大抵、面接官たちは集団面接か別室での個別面談で一気に決めにかかります。場の雰囲気がとても重く打ち解けた場になってないのが特徴です。なのでそういう場でお金の事を根掘り葉掘り聞き出すのはかなり勇気がいる事となります。

加えて会社側の面接担当者さんたちの物腰がかなり威圧的で圧倒されるというのもあります。相手は百戦錬磨の叩き上げの営業マン上がりです。確かに性根の座り方が違って見えます。よってこちらの緊張感がとれないままのうちに面接が終了してしまい、辞退するかどうかの判断に迷っているうちに採用の電話が入ってきたりします。

こちらサイドは仕事内容より高報酬に目がいってしまい正しい判断がつかずについつい採用に乗るという事もあります。

飛び込み営業は営業という枠の中で最も営業力のつくポジションといえるでしょう。確かに飛び込み営業を1年続けれたならかなりの自信が自分に備わったと実感できると思います。必要なのは元気さと明るさと笑顔と体力だけです。特別な資格も学歴も一切必要とされません。年齢に対しても不問とするところが多いので中高年者にとって難はあるでしょうが職を獲得するためのひとつの砦とはなっております。

ただ、本当にそういう気持ちだけで入社してしまったら恐らく1週間で潰れてしまうでしょう。それほど生半可なところではありません。毎月、毎月目標ノルマを設定され足を棒のようにして重い資料の入ったカバンを背負って街や住宅街を歩き回ります。

真夏の猛暑や真冬の極寒、急な雨降りや小便などの催しなどに対応するのも一苦労です。本当にこの仕事で家族を支えるんだとかこの仕事で人がもらってないくらいの高給料をとってやるんだといった強いモチベーションを常に心に持っていないととても耐えられないでしょう。

営業の仕事に対する方法論やマニュアルの類は書店でもネットにでも山のようにあふれています。営業は完全なる商売の世界です。「あきない」なのです。やってもやっても飽きることなく楽しいから有り続ける職種なのです。先程までは辛くなるような事ばかり並べてきましたが視点を変えれば自分に合ったいい方法を見つけれる事でしょう。そのためにはやはり一度経験してみる必要があります。

そうすればいい意味で人間は同じ失敗を繰り返さなくなります。1か月前の自分よりも1か月後の自分の方がはるかに成長したくましくなっているのを実感するでしょう。そして一度実績がつき、後輩ができるようになれば十分、貴方はその世界で通用します。

やったらやった分だけ自分にかえってくる飛び込み営業。こういう仕事もあるという事を頭にいれておいて損はないと思います。

スポンサーリンク









転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Message

  関連記事

役員運転手に採用されるには【必要な資格、能力について】

役員運転手の職に採用されるにはどのような資格、能力を有していればいいのでしょうか …

no image
エステティシャンに転職するためには【資格や給料、仕事内容について】

女性の憧れの職業にエステティシャンがあります。女性をきれいにし、リラックスさせて …