転職初心者.com ~転職したくなったら見るブログ~

転職初心者の方向けに転職情報・ノウハウを提供していきます。業界情報、転職のコツ、求人サイト情報、ブラック企業対策等

転職先としてのペットショップ業界の実態【中高年者の転職にもおすすめの職業】

      2018/04/25

ペット業界はかなり以前から人気の業界です。募集自体はそう大きく目立ちませんが、市場の需要と供給の関係はしっかりと成り立っているためこの先もあまり先細りはしないだろうと思われます。ただ、最近の動向は大型のホームセンター内に入っての出店が目立っています。新規出店の規模も一頃に比べれば落ち着いてきた状況でしょう。

今回はそんなペット業界についてお話しさせていただきます。

ペットショップ業界の人の入れ替わり

ペットショップ業界も人の入れ替わりが比較的、激しい業界です。小型店舗であればわりとスタッフも定着しやすいでしょうが、売り場面積が100坪以上の大型店舗となるとその仕事内容のハードさも加わりなかなか人が定着しません。

年齢構成的にはどうしても若手がメインとなるイメージがつきます。

しかし、店長や責任者クラスは年配の方たちも多い業界です。

元々は個人の規模で美容を兼ねた小さなスケールで展開していた方たちの多い業界でした。この20数年の間で店舗の規模も大型化していき取り扱う商品構成も以前とは比べものにならないスケールとなってきています。

動物好きが前提条件

ペット業界への転職を考えるのならやはり動物好きというのがひとつの大前提となるでしょう。生き物を見ただけでも身の毛がよだつという方には勧められない業界です。

中高年者にとっては狙い目の業界?

中高年者にとってはどうでしょうか?上手くいけば狙い目の業界になるかもしれません。

というのいも比較的若手のスタッフが多いため彼らをまとめるリーダー的存在の人材がいつの時代も不足します。社会人経験豊富な方ならそのスキルを活かせる余地は十分あります。店長をできる人を多くの業界は必要としています。

参考:中高年者に向いている業種・職種 「店長」の求人情報について

ただ、業界的内はかなり旧態依然としたところが多分に残っています。なにせ取り扱う商品が生き物です。よって生き物(犬や猫)に関する仕入れルートはかなり時代遅れ感が根付いています。

また、店舗で従事するスタッフさんたちのレベルなんですが、お世辞にも他業界と比較する次元ではない部分が多数あります。

ペットショップのスタッフの特徴

先ほど触れましたように働いているスタッフたちは全員、動物好きです。何をおいても1番が動物です。ここにペットショップをビジネスとしてやっていくに当たっての誤算が発生します。

例えば、居酒屋さんで働くアルバイトさんとペットショップで働くアルバイトさん。

どこが違うかというとお金を稼ぐという意識が全く違ってくるのです。

居酒屋さんでは戦場という意識で働けてもペットショップとなるととたんにトーンが下がります。可愛い動物たちが始終いる職場という特殊性がペットショップでのビジネスを大きく後退させています。

そう、若いスタッフたちは働きにきながら癒されているのです。ここに居酒屋さんとペットショップとのプロ意識に差がつくのです。ペット業界を希望して仕事をするのなら誰よりも高い志を持ち続けて欲しいという事です。

ペットショップに転職するなら接客業としての意識を持つ

ペットショップは当然、接客業です。お客様が当然、最優先にならなければならないのです。社員さんは生き物たちの世話や管理をやりつつ常に最高の笑顔でお客様を迎え入れなければなりません。動物の世話にかかりっきりになっているアルバイトさんたちを上手に接客ができるように仕向けなければならないのです。

またペット業界には飲食業関係であるようなオペレーションマニュアルのような作業システムのようなものが完備していません。各個人の独自の裁量に委ねられている部分が多くあります。本来なら企業としては考えられない統治システムです。よって社員、及び店長にかかる比重はかなり大きいものがあります。

はっきり言って業界の人のレベルの成熟度はまだまだ未熟な要素が多いのが実情です。それらの人的な事情を考慮した上で転職先として選ぶかどうか判断していただきたいところです。

最近の景気動向によりペットショップもご多分にもれず人件費の管理にはシビアでしょう。仮に大型のホームセンター内に店舗を構えているのであれば集客の問題はクリアーされるでしょう。むしろペットという特殊性がホームセンター自体の集客力に大きく貢献してくれるでしょう。

ペットショップで心がけておくこと

ペットショップが常に心がけて行わなければならないのは清潔さと臭い対策です。

もし不潔で店内に悪臭を漂わす店舗があったならお客様の足はそこへ向かうでしょうか?逆に苦情となってホームセンター側から罰則を受けるかもしれません。これらの処置を完璧にやりこなすことが常に求められます。

あと、生き物である動物たちが商品となっているという事です。世話、管理に十分気を使っていたとしても動物たちが体調を崩してしまう場合もあります。特に伝染病に感染してしまうとしばらく動物たちの販売はできなくなります。

こういったリスクが常につきまといます。なので店長をはじめ社員たちはしっかりとした知識と管理体制で病気を絶対に出さないという高いプロ意識が求められます。勉強は各自の意思で絶えず行う必要があります。

当然、店舗ないの商品のレイアウトや並べ方、売れ筋商品の販売、高利益商材の接客など動物の事だけをやっていては店舗の運営はできません。特殊性のある動物というメリットを活かして来店客数を増やし客単価を上げる工夫を凝らしながら日々、店舗運営を行っていきます。高い接客力と店舗運営能力とを要するのがペット業界での生きる道なのです

ペットショップ業界の求人情報を検索するなら

ペットショップ業界の求人情報を検索するのであればリクナビNEXTがおすすめです。

転職業界トップクラスの求人数で転職者の8割がリクナビNEXTを利用しています。

>>ペットショップの求人検索 リクナビNEXT

また、ペットショップ専門の求人サイトのペットワークスもおすすめです。

ペットショップスタッフの求人はもちろんのこと、トリマー、獣医師、動物看護師、訓練士、ブリーダー、ペットシッター等、ペットに関する求人を専門に多数そろえています。

日本全国、地域別、分野別で検索できますので、ペット業界に転職・就職したい方はご利用ください。








転職活動中の皆様へ
より条件の良い職場に転職するためには複数の求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。

リクナビNEXT
一番人気の転職サイト。とにかく求人数が多く、採用側もまずはリクナビNEXTに掲載したいと考えています。スカウト機能も充実しており、働きながら転職活動をする方に最適です。

DODA
非公開求人を多く取りそろえていることが強みの転職サイト。キャリアコンサルタントが転職活動サポートしてくれます。本格的に転職を考えている人におすすめ。

Switch

Facebookアカウントで転職活動ができるSNS転職サイト。Facebookアカウントがあれば1分で登録が完了し、企業からオファーが届くようになります。もちろん、登録していることは他にはバレません。転職活動に時間が取れない方、働きながらバレずに転職活動をしたい方におすすめ。

良い条件の求人はすぐに募集が終わってしまいますので前もって上記の人気サイトに登録し、良い条件の求人が出るまでじっくり待ちましょう。


Comment

  1. 橋長誠司 より:

    はじめまして、お世話になります。
    大学を卒業後、これまでペット業界で仕事をして参りました。
    共立商事(現共立製薬)、ユニ・チャーム、日本ヒルズ、共立製薬とそれぞれの会社でキャリアを積み、共立製薬では新規でのイオンペットのビジネスを責任者として任され、ゼロからスタートしたビジネスを8年で15億円の売上に拡大させた経験を持っております。
    当方にマッチした案件がございましたら、ご紹介いただければ幸いです。
    どうぞ宜しくお願い致します。

Message

  関連記事

営業職に転職する際の注意点【給料・研修制度・ノルマなしの求人広告の実態】

景気が上向いて来た影響もあって営業職の求人を多く目にするようになっています。給料 …

居酒屋業界の最大手だった「和民」の実態【なぜ衰退しているのか】

居酒屋業界の最大手だった「和民」がピンチに陥っています。客離れが止まりません。店 …